• 010
  • 008
  • 007
  • 014
  • 013_2
  • 001
  • 051_2
  • 048_2
  • 047_2
  • 044_2

« 「天国で君に逢えたら」が映画に | Main | 今宵の菊坂は有名人だらけとは少しオーバーですが »

December 17, 2006

高校時代の仲間

Dvc00111_1 年末恒例の忘年会、KANREKIを過ぎた昔の高校生がクラスの垣根を越えて集まる。
メンバーの中には毎週のように集まっている人たちもいるらしいが、ほとんどは1年ぶりに顔を合わせる。

「元気だったぁ~?」
「それがね・・・」
1人、又1人と現れるたびに腰痛だの、白内障だの、緑内障だの、尿酸値がどうのこうの・・・etc
何もない人なんていないくらい病気の話で盛り上がる。
その反面、仕事はリタイアしたけれど新しいことを始めた人や、仕事で頑張っている人もいて、まだまだ若い人には負けないパワーで色々な話がテーブル越しにクロスオーバーしていた。

パワーと言えば、この集まりが縁となって結ばれた熟年新婚カップルがいる。
二人揃って「なでしこジャパン」のおっかけで、女子サッカーを盛り上げる為に精力的な応援をしている。更に奥様はボランティアでお年寄りなどにアロマ・トリートメント・マッサージを行っているそうだが、お年寄りたちと接していてつくづく感じる事があるという。
いくら経済的に裕福であっても、人間関係が満たされていない人は幸せそうではないと断言する。
「だからこんな風に集まれる仲間がいるという事はとても幸せな事だと思うよ」と彼女。

利害関係のない仲間が、気の置けないことを言い合い、たとえ年に一度であってもその間に自分の歩いてきた軌跡をちょっと振り返るきっかけになったりするかも知れない場所。

このブログを見てくれているという一人は「私も実はピアノを習い始めたの♪」と、足が少し悪い彼女は50CCのバイクに乗ってレッスンに通っていると楽しそうに話してくれた。席に着くなり携帯メルアド交換をし、早速新年会の相談を取り決める素早さは、いかにもつい最近までバリバリと仕事をこなしてきた彼女らしい。

高校時代から知っているから、今更気取っても始まらないという気楽さが心地よく、お誘いがあれば都合のつく限りこの例会には参加したいと思う。
いつも幹事役を買ってくれる二人(男性)は高校時代からの親友同士。
ここまで続いているのはお二人の人徳もあるのかもしれない。いつも有り難う!

« 「天国で君に逢えたら」が映画に | Main | 今宵の菊坂は有名人だらけとは少しオーバーですが »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44647/13098671

Listed below are links to weblogs that reference 高校時代の仲間:

« 「天国で君に逢えたら」が映画に | Main | 今宵の菊坂は有名人だらけとは少しオーバーですが »