• 0501
  • 0491
  • 0121_2
  • 0111
  • 0101
  • 0091_2
  • Kijituzenn
  • Dsc03148ss
  • Img_2314ss
  • Ass_2

« 軽井沢・・・続き | Main | ロンドン航空機爆破未遂事件 »

August 10, 2006

施餓鬼会(せがきえ)

Dvc00013_edited 毎年恒例の8月10日午前10時から行われる「大施餓鬼会」。
浅草から特急で1時間。年に一度のお墓参りをかねて、お寺のイベントに参加する事が最近の夏の恒例行事となった。

今年も次女を伴い、まだ涼しい朝のうちに出かけたのに、お寺に着いた頃には暑い日差しがまぶしく、何もしないのに汗が吹き出てくる。
お墓を水で清め、お花を飾り、お線香に火をつけ、ご先祖さまたちに手を合わせる。
吹き出た汗を押さえながら、本堂へ。
全ての戸が開け放たれ、法要の準備が整った広間には、檀家の人たちが広間の右には男性、左には女性と分かれて正座をし、お坊様の登場を待ち構えている。

気温の上がる「市」としてニュースでも取り上げられるほどの場所にありながら、冷房なしで扇風機のみの風の本堂は、思ったほど暑くは感じられない。ひんやりと薄暗い本堂に風が通り抜けて行くからなのだろうか。

薄い涼しげな色合いの袈裟姿で静々と10数名のお坊様たちが席につき、木魚や鐘にあわせて読経が始まる。
私が大好きな時間♪低めの男声コーラスのようなお経。
気持ちが落ち着き、そのまま眠ってしまいたくなるようなヒーリングタイム。

読経の途中でお坊様たちが、ヒラヒラと花びらのような形のモノ(散華という)をばら撒くと足元には様々な色や模様のカードが広がり、お花畑のよう!
そのあとのお焼香の時に近くに落ちているカードを拾いながら席に戻る。
今までは拾いそびれていたので今回は意識して3枚ほど手を伸ばして頂いた。

表に「南無阿弥陀仏」裏に「月影のいたらぬ里はなけれどもながむる人の心にぞすむ」
私が頂いたカードにはそんな歌が書かれていた。

余り信心深くなかった私が、母を亡くした数年前より、お寺を訪れ「仏教」に触れる事が快く感じられるようになってきた。

「カード」の正式名称も由来の知らなかった不信心者ではあるけれど、ゆっくりと時間をかけて、お寺通いをしているうちに、少しづつ勉強していければいいかな?
それって、長生きをするって想定での話し・・・やっぱり私は大人になるほど楽しい!

« 軽井沢・・・続き | Main | ロンドン航空機爆破未遂事件 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44647/11378946

Listed below are links to weblogs that reference 施餓鬼会(せがきえ):

« 軽井沢・・・続き | Main | ロンドン航空機爆破未遂事件 »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪