• Photo
  • 221111
  • 2211111
  • 22111
  • 22111111
  • 2211
  • 89898989
  • 898989
  • 005
  • 23232323

« 久しぶりにランチパーティ | Main | ババ・ガンプ・シュリンプ »

May 06, 2006

あの有名な豆腐料理店が!

Dvc00065_4 Dvc00060_6

友人二人それぞれがKANREKI祝と母の日のプレゼントをしてくれた。
真っ赤な生花で作られたプリザーブド・フラワーとFEILERのタオルハンカチ。以前の職場で仲良くなった、年齢が離れた三人。一人はhanaちゃん。もう一人は私より10歳下のオネエサン。仕事がきつい時には、よく三人で励ましあったっけ・・・今は皆別の道を歩いているけれど、たまに会っては歳の差を感じさせない(?)会話で盛り上がる。

「子供の日」に銀座で会おうという事になったのだが、思いもかけないプレゼントに感激!
hanaちゃんには大分前にお祝いをしてもらっていたのに、今回はバッグから包みを出しながら、こっそりと『ハイ、母の日』と言って渡してくれた。母でもないのに嬉しい!
でもちょっと待って?友人のつもりなんだけど・・・まぁいいか。確かに娘みたいに思ってついアドバイスなんか言ったりして、本当に母親の気分でいることも多いのだから。

買い物したあと、食事をする為に並木通りの豆腐料理『梅●花』を予約。
夏のような日差しで、軽く汗ばむほどの一日の締めくくりとして、心地よい場所でゆっくり美味しいものを食べようよ!という事で、近場のお店を決めたのだった。

冷たいビールを二人、一人は白ワインをフルボトルで。冷やされてはいたのだろう。むき出しのボトルの周りについた水滴がテーブルに落ちて溜まってくる。
いくらリーズナブルなワインでもそのままではすぐに温くなってしまい、美味しくなくなる。
コース料理もお手軽ランクの『野菜と豆乳のしゃぶ膳』だから・・・?・・・ワインクーラーなしで温くなったワインをそのまま飲めって?・・・少し嫌な予感が・・・

豆腐を使った料理が三種類でた後、茶碗蒸しが出た。同時に鍋が運ばれ、しゃぶしゃぶの準備が整う。その前に『湯葉豆腐と野菜いっぱいのサラダ』が出るとお品書きに記されているのに、鍋がぐつぐつ言い始めても全く来る気配がない。

それ程、店内は混んでいる様子もないのに、忙しそう(?)に行き交う店員さんに声をかけようにも中々掴まらない。
やっと捕まえても「サラダは茶碗蒸しの後にでますから」・・・でもその後のしゃぶしゃぶがもう始まっているのに?・・・

サラダが来ないなら先にしゃぶしゃぶを食べようという事になって、胡麻ダレが苦手の一人がもうひとつのタレをかけて『うん?何これ・・・何も味しないよ』と叫んだ。
容器の蓋を取って覗いてみると、濃い出し汁のような透明な液体が入っている。
そういえば、店員さんがたれの説明をした時に、「胡麻ダレ」と「出しタレ」と言ったような気もする。味見をしてみても、ただの濃い出しの味だ。

「ポン酢ないのかな?」テーブルには醤油もなく、塩と胡椒しかおいていない。
『出しのタレ』で試しに肉を食べて見るが、予想とおり何の味もせず、美味しくない。
側を通りかかった店員さんに『ポン酢下さい』と声をかけた。

『はぁ~?ポン酢ですかぁ~?ポン酢を何に使うんですか?』

今度は三人が『はぁ~?』って感じ。

『しゃぶしゃぶにつけて食べるんですけどぉ・・・』

『しゃぶしゃぶはそこにある胡麻と出しのタレで食べるんですよ!(あなた達知らないの?って言い方)』

『胡麻ダレが駄目だから、ポン酢が欲しいんです。』

『当店にポン酢は置いてませんので、出しのタレでお召し上がりください!』

『あぁ、そうですか』

きつい物言いの店員さんは,唖然としている我々の前からそのまま去っていってしまった。

『醤油もないし、胡麻だれ駄目だし・・・食べられないよぉ』と困っていたら、hanaちゃんが『ポン酢あるよっ!』と叫んだのだ。『最初に出たたぐり湯葉にポン酢が付いてきた。だから無いなんて嘘だ!』・・・さすが一番若い・・・記憶力も観察眼もある。

先ほどとは別の店員さんを見つけて再度『ポン酢ありますか?』

『ハイ・・・ありますけど・・・、聞きたいのですが何のためにポン酢を使うのですか?』

(又だョ・・・ポン酢出したくない理由は一体なんなのさ?)

なぜか判らないが、この店の店員さん三人に声をかけて、ポン酢をお願いしたら、唯一人、男の店員さんだけが何も聞かずにさっと、ポン酢を持ってきてくれたのだった。

ここまで、お客に不愉快な思いをさせてまで、ポン酢を使わせたくない理由として、ひとつだけ考えられるのは、豆乳の味を濃い醤油や酢の味で消して食べるのはせっかくの素材の味を壊すから、出来る限り、塩や出しで食べて欲しい・・・という事なのか・・・でも、それにしては、「出し」は「タレ」とは違う。何の味もしない。

そうこうしているうちに隣の席の年配の女性の声が耳に入った。

『私が味覚音痴なのでしょうか・・・どうしても・・・酢の味がしない・・・』

しゃぶしゃぶではなく、別の料理の味のことを、かなり控えめな言い方で店員さんに言っている様子。
やはり、このお店の料理担当の味覚がオカシイのだろうか?

そのうち、しゃぶしゃぶが食べ終わって、雑炊用のご飯が来たのにサラダがまだこない。
雑炊を食べ始めてから、サラダが来たが、仕上げの雑炊を食べながらのサラダはかなり無理がある。
確かこのお店のコンセプトは「おいしいものをよりおいしく味わっていただきたい」とあった。今日のスタッフのメンバーがタマタマだったのだろうか?

友人は氏名住所をキチンと記入した上で、意見を書く用紙にこの事を書いてレジにいたマネージャーらしき人に渡して来た。
『書き出しは「二度と来ません」て書いたよ』

私もこの並木通り店には絶対行く事はないだろう!

« 久しぶりにランチパーティ | Main | ババ・ガンプ・シュリンプ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

私も利用したことあります。
豆腐しゅうまいがおいしいんですよね♪

でもこれは・・・ひっどーい!! (-_-メ)
嫌な思いしちゃいましたね。
せっかくおいしいお料理を食べに来てるのに
そういう態度とられると二度と行きたくなくなっちゃう。
リッツカールトンとかディズニーランドとかの
おもてなしのココロを学んでほしいわっ!

#リッツカールトンには泊まったことありませんが^^;

凛さま♪
リッツカールトンはやはり、そうなんですね♪
我が家とはちょっと縁のあるホテルですので、嬉しいコメントです!
豆腐やの話・・・ちょっと無いくらい怒ってしまいました。
ごく一部の従業員のために、全体のイメージがおちてしまう・・・
接客業ってそんなもんですよね。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44647/9936594

Listed below are links to weblogs that reference あの有名な豆腐料理店が!:

« 久しぶりにランチパーティ | Main | ババ・ガンプ・シュリンプ »