• 0501
  • 0491
  • 0121_2
  • 0111
  • 0101
  • 0091_2
  • Kijituzenn
  • Dsc03148ss
  • Img_2314ss
  • Ass_2

« February 20, 2005 - February 26, 2005 | Main | March 6, 2005 - March 12, 2005 »

March 04, 2005

大好きなお雛さま

hina
『灯りをつけましょ、ぼんぼりに~』
お雛様は、女の子だった(?)私には、永遠に失われることのない、大切な思い出のひとつ!

父が早くに病死し、思い出がほとんどないのだが、この季節がやってくると、決まって思い出す、父からのプレゼントが雛飾り。
私は終戦の翌年に生まれたが、東京も空襲にやられ、どこを探しても、お雛様を、きちんと揃えているお店など少なかったらしい。
そんな焼け跡の中を、探しまわり、やっと手に入れたという『内裏様』
「すごくいい顔をしているお雛様だよ・・・」と母。
一人っ子で女の子・・・父はとても私の誕生を喜んでくれたという。

幼い子供時代の私はそんなことも分からず、ただ、単に、お雛様が好きで、母が押し入れから、いくつもの箱を出してきて、ひとつひとつ、薄紙をはがすと中から現れる、お雛様やお道具をみているのが、たまらなく好きだった。

何歳頃まで、飾っていたのだろうか・・・今思い出そうとしても、正確にはわからない。

やがて、私も二人の娘の母となり、彼女たちにも、同じ思いをさせたい!と、立派な段飾りを購入したいと、思ったが、様々な事情でそれは実現しなかった。
母に頼んで、実家から、古びた私のお雛様を運んでもらい、二人の娘のために、それを毎年飾っていた。
片方のぼんぼりが壊れたりで、かなり、ひどいのだが、私にとっては大切な宝物!

娘も「ママのお雛様が好きだよ」と言ってくれる。
もしかして、そんなものには興味がないのかも・・今時は♪

娘たちが大人になった今は自分のために、お雛様を飾る。

今日、行き付けのお店で、女性だけにとイチゴ入りの果実酒がサービスされ、帰りには、小さくラッピングされた雛あられをプレゼントされた。
こんなことだけでも、幸せになってしまう!
つまり、単細胞な私なんだぁ~

March 02, 2005

夏樹さん・・・安らかに

天国で君に逢えたらの作者が亡くなった。

友人からのメールで知った。
彼の日常をつづった、新潮社のHPは今、アクセス多数で接続不可能状態。

どういう、最後だったのか・・・
とにかく、やっと、楽になれましたね。
処女出版も大成功し、あなたの人生は、ある意味、幸せだったかもしれません。

寛子さん!
あなたは素敵な妻であり、母であり、オンナでした。
夏樹さんのためにも、これから、更に素敵に生きて行って欲しいです。

February 28, 2005

マンションの親睦会

近くの公共の集会所で、マンション始まって以来の親睦会が開催された。
友人の80歳のおばあさんと待ち合わせて出かけてみた。

「軽食を用意します・・・」とあったので、今回は初めての人も顔を見せるかと思ったが、相変わらず、見覚えのある顔ばかり・・・
「全部の部屋の人の顔を見てみたいですよね」と若いお父さんがちょっぴり不満気につぶやく。
もう立って7年ほどになるが、会合に出てくる人は決まっている。
資源ゴミの回収当番とか、理事とか、集合住宅で暮らすのに、避けては通れない様々なことがあり、今の時代、皆忙しいから、中々引き受け手が現れない。

「仕事・仕事って皆言うけど、こっちは一銭ももらってないで、ずっとやってるんだから・・・」
江戸前オバアサンは、軽く啖呵を切る。
町会にも役員が出なければいけないのだが、最初からオバアサン一人にお任せしっぱなしで今に至っている。
「今回はやりますョ。でも来年はもう、いないから」
「エッ?・・・どこかへ行くんですか」と皆が一瞬びっくり!
『来たよ・・・お得意のフレーズが・・・』散々聞かされている私が、すかさず解説を・・・
「もう来年は死んじゃってるからいないっていってるんですよ♪」
「エッ、何を言うんですか・・」と皆の心配げな視線が集まる。
「いえ、○△さんの口癖だから気にしないで下さい」と私が説明するのを嬉しそうに笑って聞いている。
「なぁんだ~」と一同ほっとする。

都心で、鶯や野鳥がさえずり、ヤモリや蛇のでる、本郷という街。
そして、この上もなく、何処に出るにも便の良い場所。
人情もまだ少し残っているみたいだし、快適な暮しを持続させるためにも、一人一人が、公共のルールは守って行かねばと思う・・・

お寿司をつまみながら、管理会社からの差し入れの『上善如水』をちびりちびり、
「何で今頃親睦会を開いたんですかね?」
「最近は穏やかでしたからね。たまには集まりでもってことですかね?」
「そういやぁ、最近は穏やかですな」
なんだか良く分からないが、いいことには違いない♪

« February 20, 2005 - February 26, 2005 | Main | March 6, 2005 - March 12, 2005 »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪