• 0501
  • 0491
  • 0121_2
  • 0111
  • 0101
  • 0091_2
  • Kijituzenn
  • Dsc03148ss
  • Img_2314ss
  • Ass_2

« September 25, 2005 - October 1, 2005 | Main | October 9, 2005 - October 15, 2005 »

October 06, 2005

スティーブン・キングの本

数年前から「つん読」状態だった「ローズ・マダー」がやっと読み終わった!

キングの本は本屋で平積み状態で見かけると、いつか読むつもりで大概の本はとにかく買っていた。

「ホラー作家」の枠などでくくれない、アメリカを代表する作家とあとがきにもある通り、とにかく面白い!

どうしてあんな事を思いつくのだろう?本当にストーリーテラーとして、実に様々な物語を生み出している。やはり、天才なのだろう・・・

疲れているとき、本なんて読みたくないとき、なんか刺激が欲しいとき、ワクワクドキドキしたいとき、時間潰しをしたいとき、今の自分は幸せなんだと実感したいとき、絶対!お勧めの作家である。

その際の読み方のアドバイスとして・・・

怖すぎる部分、痛すぎる部分は少しづつ飛ばし読みをすること。

彼の作品はストーリー性が豊かな事が特徴なのだから、部分的にホラー色がたっぷり描かれていて、それがもし苦手なのだとしたら、そこは表面をさっとかするだけでも充分!

「ミザリー」なんて、足を切断するシーンが出てくるけれど、ほとんど目を瞑って飛ばし読みをした。でも充分読み応えある印象的な本となった。

飛行機に乗っていて、気がついたら乗客数人と金属類を残してほとんどの乗客が消えていた・・・という「ランゴリアーズ」とか、とにかく、どうしたらこんな話を作れるのかと思うほど、凡人には想像もつかないことばかり・・・そして、読み進んで行くときに、いったいこんな話になって、最後はどうやって決着をつけるの?キング様・・・と心配になってくる。それが、絶対期待を裏切らず、しかも後味は納得できる程度にすっきりできる終わり方。

方や、「スタンド・バイ・ミー」や「グリーン・マイル」みたいな路線も書く・・・やはり彼は並の人ではない・・本当に並ではないらしいが・・・

「読書」をどう捕らえるか?

娯楽としてならばキングは最高に楽しめる。モチロン、たま~に読む程度がお勧めです。

« September 25, 2005 - October 1, 2005 | Main | October 9, 2005 - October 15, 2005 »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪