« September 11, 2005 - September 17, 2005 | Main | September 25, 2005 - October 1, 2005 »

September 23, 2005

DCと東京で「冬ソナ」の偶然

6月に友人から「冬ソナ」のDVDを借りてもう4ヶ月にもなる。

友人はまさにハマッテしまい、そのおかげで、心身ともに快調になったという話を聞き、それほど、人の心や体を変える力のあるドラマっていったいどんなものなのか?とても興味が湧き、ただ好奇心から全巻を借りたのだが、いざとなると中々鑑賞する気になれず,実は最近まで、無理に時間を作ってまで見ようという気にはならなかった。

「急がないからゆっくり見てね」とは言われていたが、余り長く借りっ放しではまずいと思い、意識して時間を作って観ようと、寝入る前の僅かな時間に、見るように心がけていたら、だんだんと引き込まれてしまった!

ヨン様が好きというのではなく、あのドラマの役が素敵!

モチロン、チェ・ジウも綺麗!雪景色も美しい!人を愛するという行為が哀しいほど純粋に描かれていて、何故か、なんとなく懐かしい気持ちにさせてくれる。

今頃、何言ってんの!・・・と根強いファンは思うかもしれない。

とにかく、気がついてみればいつの間にか、惹きつけられてしまっていた。

ようやく明日、友人と会ってDVDを返し、多分!「冬ソナ」話で盛り上がる予定となっていてちょっと楽しみ!

さて・・と寝る前に、何気なくPCを立ち上げ、DCの娘のBLOGを開いたら、偶然にも「冬ソナ」の記事がUPされていた。

さすが母子!アメリカと日本と離れていても、同じような時間に同じ物を観ていたんだ!

親や目上の人を敬うこととか、純粋に人を愛すると言う事など・・・今の日本から消えて行きつつある古き良き時代を想い起こさせるような描写や、美しい景色などが、多くの人の心を捉えて離さないのではないだろうか?

きっと、今の日本人の心がカサカサに乾いてしまっているからなのかも知れない・・・

September 18, 2005

キーボードレッスン・・第八回目

ついに!なんとか○を頂いて、残るはあと3曲で「入門編」は終わる。

友人は最後の1曲リチャードクレーダーマンの「渚のアデリーヌ」のみとなった。お互い仕事で中々練習時間がとれない中、よくここまで来れたもんだね♪

そして、友人は次の教本「基礎編」を購入。なに?やっとこれからが「基礎」に入るのか~今までは本当に「入門編」だったのだから当然なのだが、たった1曲弾けるようになりた~いという、素朴な願望から始まったこのレッスン。いや~ゴールはどこにあるの?

たしかに、最初は指番号ですらさっと頭に入らず、この音はどの指で弾くんだっけ?と音符をひとつづつ確認しながら鍵盤の上で彷徨って、ようやくこの音だ!とたどりついていたほどだった。それが、少~しづつではあるが、音の位置が分かるようになった。両手で弾くということも私にとっては永遠に不可能だと思っていたのが、ゆっくりであれば、少しは行けるようになってきている。凄いな!練習って!!

きっと、毎日でも練習すればかなり行けるんじゃない?そんな希望の光を与えてもらって、それがここまで続けていられる、大きな要素となっている。

友人に負けないよう、私も頑張らにゃあ~

レッスンが終わり、先生と三人で、気分も上々・・・ランチがてらカラオケに行くことを思いつく。

先生は、「高橋真理子」や「いるか」等いつも歌うのだが、最近は沖縄料理の店で沖縄バンドのメンバーの一員として、仕事というより趣味で出演しているので、沖縄の曲を多く歌っていた。

こんな、柔軟な人だから、レッスンについていけるのだと思っている。

先生と別れたあとは、友人と二人で恒例の酒宴♪

マークシティにあるホテルの25階で、素晴らしい夜景を眺めながら、キンキンに冷えたスパークリングワインをアペリティフに和食を頂いた。

焼酎を私はロックで友人はお湯割りで。

「ここは駅に近いからゆっくり飲めるの」

仕事でよく利用するという彼女に、お店の人たちの視線や態度がとても温かくて居心地がよい!

仕事の話や、キーボードの事、年金、任天堂DSで飼っているミノル君という彼女の柴犬の事、etc・・・いつものように取りとめなく、次々と沸いてくる話はなんど会っても尽きることはない。

お互いに(とびきり温かい!)元気をもらって終電車に間に合うように別れる。

楽しい1日が終わった♪

« September 11, 2005 - September 17, 2005 | Main | September 25, 2005 - October 1, 2005 »