• 0501
  • 0491
  • 0121_2
  • 0111
  • 0101
  • 0091_2
  • Kijituzenn
  • Dsc03148ss
  • Img_2314ss
  • Ass_2

« September 4, 2005 - September 10, 2005 | Main | September 18, 2005 - September 24, 2005 »

September 16, 2005

マザーテレサを観たら

1~2ヶ月位毎に会う友人がいる。

私よりも数年先輩で、いち早く映画をシニア料金で観る権利をゲットした彼女とは、よく映画を一緒に観る。

彼女と私は、嫁いだ先がご近所で、子供同士も同じ幼稚園だったという縁で知り合ったのだが、何よりも偶然なことは、お互い出身が都内であり、知り合った当時に働いていた場所がとても近くて、しかもその事に気づくまで3年近くお互いに気づかなかった・・・なんて、まるで作り話みたいな偶然の不思議なめぐり合わせで、今のように親しくお付き合いをするきっかけとなったのだった。

ある朝、電車で彼女と一緒になり、「お早う~!あら、どちらに行くの?」みたいな会話で始まった。

「本郷三丁目まで行くの」

「あら!偶然!私もよ!」

「まあ!ホントに!」

なんて感じで、話が進み、同じ駅で降りて、歩く方向まで一緒・・・まさか・・・

本当にウソみたいな話、彼女の会社と私の会社は春日通りを挟んで、ピッタリお向かい同士のビルで、しかも、同じ2階でお互いの部屋が通りに面していたのだ。

声こそ届かないものの、姿はハッキリ見える距離。電話を架けながら、「ねぇ、手を振ってみてぇ」と言えばちゃんと手を振る姿が見えて,お互いその事にかなり興奮したものだ。

いつも外を眺めていて、向かいのビルで働く人をよく目にしていたのだが、まさかその中に1時間も離れた住まいのご近所で知り合いの人がいるなんて夢にも思わなかった。

そんな縁もあって、親しくさせてもらっている友人。

彼女とは、生まれ育った環境も違うせいか、いわゆる皮膚感覚が微妙にずれているところがある。それも、魅力のひとつだと思うから、友人としてというか、人間として、とっても興味があり、惹きつけられるものがあって、お付き合いをしているのかも知れない。

そんな彼女と、今回は一緒に「マザーテレサ」を観た。

映画は良かった。映画のストーリィ全てが事実なのかどうかはわからないが、場内のあちこちから時々啜泣く声が聞こえていた。

ホントに、こんなに素晴らしい人がいたのだ。

いや、そんな風に生きたいと思っている人はこの世に五万といるだろう。

でも、どこかで挫折してしまうほうが多いのだ。言い訳したり、泣く泣くあきらめたり、とにかく出来なかった人(私も含めて)がほとんどなのだろう。

「愛されるより愛する人になれ」

映画の中でこんな言葉が印象に残った。

こんな映画を観たあとで、その友人とランチをしながら、とりとめのないお喋りが続く。

映画の余韻が頭にあるせいか、

「毎日、朝起きて会社行って仕事して、帰ってきてご飯食べて寝て、又起きて会社行って・・・なんて、毎日していて、たまに、何のために毎日こうしているのだろう・・・なんてふっと思ってしまうときがあるの。テレサみたいに皆から尊敬されるような、存在価値のある人と比べたら、余計にそんな気持ちになってきたわ」

こんな私の言葉に彼女も「そうそう!あるある」と答えてくれた。

そんな話や、彼女の好奇心一杯の毎日の暮らしの話や、面白い本の話などと、楽しくお喋りをして分かれたあと、彼女からメールが入った。

「マザーテレサのようでなくても、人は生きている。ただ生かされている事に意義があるんでしょうね。毎日を感謝して楽しみましょう♪」

たっぷり、楽しい会話をして分かれたあとのメールの短い文章。

今日は今までになく、皮膚感覚が近づいたような気分になった。

September 15, 2005

落語のあとはヒツマブシ弁当

近所にあって、たまに寄る金魚坂というお店で、立川一門のお弟子さんたちの落語ライヴがあり、仕事の帰りに駆けつけた。レストランのテーブルを片付けての俄か寄席なので定員は30人ほど・・・なんと贅沢な!

前座の千弗サンのあと、真打の文都師匠とぜん馬師匠。2時間たっぷり、ほんものの「落語」をじっくりと楽しませてもらった。

話の面白さに引き込まれてしまい、何度もお腹の底から笑えて、やっぱり「落語」って凄い!と改めて感心した。

扇子と手拭だけで、衣装など着替えずに、江戸っ子らしい喋り口やいなせな風体のその人物をしっかり作りあげてしまう・・・なんてシンプルで粋なやり方なのだろうか・・・これこそが本当のカッコよさだ・・・

ライヴの後は別のフロアに移動して、鰻の櫃まぶし弁当を摘みながら芋焼酎「海」を頂く。着替えがすんだ師匠たちも後からやって来て、話に花が咲き、とても和やかな良い会だった。

中国茶・葉巻・金魚・カレー・和食・クラシックコンサートetc・・・とにかく不思議なお店で、今度は落語まで・・・一体次はなんだろう?・・・と思っていたら、来月には「宵の秋祭り」と称して根付・彫金職人やらベリーダンス、お琴ピアノ、元関取・大至氏の相撲甚句までと超盛りだくさんのイベントが開かれるらしい。モチロン!金魚すくいもあり!

~☆~☆~☆・・・

「皆さん。もっとピリピリ神経を使って仕事してください!」

今朝の朝礼で部長の言葉。(これ以上ピリピリしたくないよぉ~)

でも良かった!ご近所にこんな癒しの場所があって♪

明日も元気に仕事に行ける!アリガトウ!私を元気にしてくれる皆様!

« September 4, 2005 - September 10, 2005 | Main | September 18, 2005 - September 24, 2005 »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪