« August 28, 2005 - September 3, 2005 | Main | September 11, 2005 - September 17, 2005 »

September 05, 2005

LIVE HOUSE 

会社で一緒に仕事をしている、若い派遣さんが出るというので、hanaちゃんに同伴をお願いして、六本木のライヴハウスに出かけた。

50人くらいしか入れない、会場には若い人に混じって年配の人もかなりいた。多分出演者たちのご家族なのだろうな・・・

彼女の番になって、ステージに現れたときは、こちらのほうが緊張して、何だか母親みたいな気分で、「どうか上手くいきますように!」と心の中で祈ってしまった。

24歳という若さ溢れる肌の輝きや、トレーニングで無駄なものをそぎ落とした体型が、輝きながら、一生懸命歌っている姿を眺めていて、何かに向って真剣に努力をしている人から出る透明感あるオーラを私は感じた。

「初めての生バンドなので歌が合わないんです。どうしよう~」

「緊張して、お腹が痛いんですぅ」

数日前、職場で彼女からそんな言葉を聞かされ「大丈夫!若くてきれいな女の子はただステージで立っているだけでも絵になるんだから、余裕で行けるよ!」とかなり無責任な励ましの言葉を返したのだが、緊張感は会場中に伝わるほどだったが、カバーと自作の2曲を無事歌い上げた。

仕事中に彼女と話しているときに、必ず出る言葉がある。

「夢を持つって大事ですよねぇ」

そう・・・彼女は自分の「夢」に向って日々努力をしている。歌やダンス、ピアノ、水泳、ゴスペル・・・全ては自分の夢を実現する為に必要な事は何にでもチャレンジしようという姿勢で仕事もそのレッスン費用を稼ぐ為に休まずに続けている。

素敵な大人になりたいんです・・・と24歳の彼女は、まだ挫折なんてそれほど経験した事はないのだろうか・・・とにかく、夢に向って頑張っている・・・その姿は、見ているこちらの気分をよくさせてくれる。

「本も読んだほうがいいですか?」

テクニックばかり勉強するのではなく、沢山の人と出会ったり、本を読んだり、色々な経験を積み重ねて、中身を磨きながら、そうやって自然と素敵な大人になって行くんだと思うよ・・・老婆心から、ついつい余計な事を言う私の言葉にも真剣に言葉が返ってくる。

時々持ってくるお弁当は自分で作る。

「最近卵焼きが上手になって、今日のもすごく美味しく出来たんですよ♪」

夢を実現する為には、なんでも一生懸命になれるんだ!頑張って、一日も早く夢がほんものになりますように!

hanaちゃん、お付き合い有難うね!

« August 28, 2005 - September 3, 2005 | Main | September 11, 2005 - September 17, 2005 »