« January 9, 2005 - January 15, 2005 | Main | January 23, 2005 - January 29, 2005 »

January 20, 2005

マイ記念日まであと2日

05.01.20hana2
遅番出勤日で、少し朝寝坊を楽しみ、さてシャワーを浴びて・・・と思った途端に、ピンポ~ン♪
「お届けモノです」と長方形の大きな軽い箱が・・・
これ、これ!・・・大好きなんです。

十代の乙女の頃よく観ていた、映画や外国のTVドラマで、プレゼントのお花が届くときに、ドアを開けると花やさんが大きな箱を捧げるように差し出す・・・
箱を無造作に開けると、まっすぐな薔薇がぎっしり!詰まっている!
それを、両手に抱えて、花瓶に、さっと活ける。ちょっと形を整えたら、素敵な花のアレンジメントが出来上がり♪
この一連の流れが、とても、憧れだった。
素敵な女優サンが演じているわけだし、きっと花もすべて良い状態(薔薇の棘とかいらない葉はカットしてあったり)にされていて、いかにもさりげない動作に見えて・・・憧れていた。
大人になったら、そんな薔薇をプレゼントしてくれるようなボーイフレンドを持てるような、自分になりたい・・・そう思っていた。
そして、その花が入った「箱」がとても、私のどこかに深く、インプットされてしまったようだ。

今回は残念(?)ながら、送り主は女性でした。
黄色い薔薇が大好きな私を知っていてくれる・・・そんな友人がいること・・・
それこそ、嬉しい!楽しい!

January 16, 2005

あの本が届いた。

ten
先月、TVドキュメンタリーを観てねと友人に薦められ、『天国で君に逢えたら』という本を読みたいと思っていた。
友人から「私がプレゼントするから買わずにいてね」と言われていて、昨日、それが手渡された。
それにはメモが一緒についていて、著者のお義母さま(友人の友人)が私宛に送ってくださった本だった。

あけましておめでとうございます。こうして新年のご挨拶が出来ますこの喜びを感謝しています。 TVを観て下さいましてありがとうございました娘(著者の奥様)も改めて力が湧いて来たようです・・・中略・・・本もぜひ読んで下さい・・・

メモには、ハワイでの真っ黒に日焼けした、可愛いお子様たちの写真も添付されていて、あぁ・・本当に今、飯島ファミリーは天国のようなハワイで、のびのびと仲良く暮らされているのだなぁ・・・と温かくてさわやかな気分になった。
そんなハワイのご家族に、私の書いた拙文が届き、それが、こんな風に喜んでもらえたなんて!
私こそ、感謝したい気持ちになった。
そして、その仲介をしてくれた、私の友人の温かい気配りにも感謝!

夏樹さん!今という貴重な時間を少しでも多く、奥様・子供たちと気持ちよく過ごされることが出来ますように♪

頂いた本はこれからゆっくり読もうと思っている。
モチロン・・・キーボードもいじらないと・・・

大人のためのピアノ悠々塾(入門編)

昨年末にキーボードを購入。
今年はピアノ曲を1年かけて、たった1曲、弾けるようにする!と宣言!
そして、ひょんなことから、以前、職場で一緒だった仲間が、ピアノを教えてくれるという事になり、もう一人の友達と二人でレッスンを受ける運びとなった。
そして、今日がその初日。
昨日からの天気予報で雪になるかもという、ミゾレ混じりの雨の中、早起きをして、渋谷に集合。
貸しスタジオで、まず、♪の読み方から始め、指の運動、指を番号で覚えて、指をどう使うかなどの練習を、本当に子供が教わるように、二人とも神妙に、緊張でこわばった指がもつれたりしながら、鍵盤に向かった。

短い時間ではあったが、さすが、ピアノ教師(失礼)・・・レッスンが終了する頃には、これから少し自分から進んで練習してみようかなぁ~という気になってきた。
本当に並外れた不器用さで、子供時代から、一度もピアノを習ったこともないのに、突然ピアノを弾いて見たいと思ったのだ。楽器を弾ける人がとても羨ましいといつも感じていたし、スローなジャズを弾き語りで歌ってみたいとか、夢はどんどん膨らんできて、練習時間も取れないかもしれないのに、キーボードを買ってしまった。
友達も私以上に、時間のない人なのに、私と同じキーボードを買った。
二人揃って、お気楽人間か・・・・イエイエ・・・前向き人間なのだ~♪

レッスン時間も終わりという頃、先生にお願いをして、あの!「冬ソナ」のテーマ曲を弾いてもらった。
あぁ!私たちもこんな風に弾きたい~

友達「私、決めました!!この曲を弾けるようにします!」
先生「・ ・ ・ ・ ・ 」
先生「そ、そうね・・・目標は高くもったほうがいいわよねぇ。
   とりあえず右手でメロディだけ弾けるようにして。
   私が左手を弾いてあげるから・・・とりあえずはね。」
友達「そうですね♪」
私「じゃあ、私も何を弾くか決めないと・・・」
先生「・ ・ ・ ・ ・ 」 
先生「二人とも、初めてにしては指がよく動いたわ。
   これからが楽しみよ。頑張ってやろうね」

人を教えるって、大変なことなのだ。
次回のレッスンは1ヶ月後。
こんなノンビリしたお稽古でいったい、1年間でどのくらいになるのでしょうかね?

先生にお礼を云って別れ、二人だけになってから、「凄~く!楽しかったね!」「ウン!充実した1日だったね」
いつものように、気のおけないお喋りをしながら、ビール・焼酎・シャンパンと、ゆったり時間をかけて楽しんだ。
明日も休みだ。ゆっくり寝坊して、昼間にちょっとはキーボード触ってみないと・・・
掃除・洗濯・・・そう、そんなのもあったっけ。

« January 9, 2005 - January 15, 2005 | Main | January 23, 2005 - January 29, 2005 »