• 0501
  • 0491
  • 0121_2
  • 0111
  • 0101
  • 0091_2
  • Kijituzenn
  • Dsc03148ss
  • Img_2314ss
  • Ass_2

« July 10, 2005 - July 16, 2005 | Main | July 24, 2005 - July 30, 2005 »

July 19, 2005

真夜中のスパゲティの由来

先日のパスタの記事の友人が、ネーミングの由来を調べてメールをくれた。

何のことはない、真夜中でも手近にある材料ですぐ作れるというという事なのだそうだ。

確かに、そんな感じで、しかも美味しいのだから、人気があるのも納得!

近いうちにこの味にチャレンジしてみようと思う・・・ただ、スープタイプのパスタは何度か作ったが、パスタ自体にスープの味が上手く絡まらず、つるつると汁(ツユ)そばを啜っている感じになってしまった経験がある。

そういう意味でいえば、「真夜中・・・」はさすがプロの味!パスタとスープがしっかり合体していた。そしていかにもキッチンにある物で作れそうな何気なさがGOOD!

おまけに、真夜中にパスタが食べたくなって、ゴソゴソとキッチンで料理をしている図なんて、何だか、非日常的行動で、ワクワクする。普通の人はそんな時間はベッドの中なんだから・・・

何年も前、深夜に「やっぱり猫が好き」という(大好きな!)TVドラマをやっていて、皆が寝静まっている真夜中に一人で部屋で焼肉を食べるという話を思い出した。

室井滋が演じる次女が一人でコンロで焼肉をしている。煙と匂いが立ち上る中、ジュージューと美味しそうな音を立て、缶ビール片手に恍惚の表情を浮かべながら、焼肉をほおばっている。黙々と食べているうちに長女と三女が匂いと煙に眠りを妨げられ、階下に下りてきて、大騒ぎとなる。「夜中の三時になんで焼肉なんかしてるのよ!」

結局、三姉妹でパジャマ姿のまま、真夜中の焼肉パーティとなる。「コブクロは美味しいね」だの「こんな時間に焼肉食べるのは女優か水商売しかいないよ・・・でも50過ぎてこんな事していたら寂しすぎるよ」とか、三人の軽妙なお喋りが果てる事なく続いて行く・・・というお話。

普通ではまず考えられない、こんな出来事。ドラマだからの設定。でも、日々の暮らしに、たまにこんな事があったとしたら、楽しいかもしれないな♪

もしかして、本当に近いうち、真夜中にパスタを茹でたりしているかもしれない。

でも、50歳すぎているから止めておこう・・・♪

« July 10, 2005 - July 16, 2005 | Main | July 24, 2005 - July 30, 2005 »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪