• 0501
  • 0491
  • 0121_2
  • 0111
  • 0101
  • 0091_2
  • Kijituzenn
  • Dsc03148ss
  • Img_2314ss
  • Ass_2

« June 12, 2005 - June 18, 2005 | Main | June 26, 2005 - July 2, 2005 »

June 23, 2005

小朝・茂山・山陽の京極噺

すみだトリフォニーホールのステージの中央に高座が。その上の、とっても小さく見える釈台(机)や座布団の辺りだけが明るく照明で浮かび上がっている。

クラシックコンサートで来たことがあるこのホールで、落語に講談?狂言まで~・・一体どんな感じの演目となるのか・・・興味津津・ワクワクといった感じで出囃子を待った。

開演のベルが鳴り、舞台の中央が一段と明るくなり、赤いジャージー風(?)模様の着物で山陽サンが勢い良く現れた。本音を言えば、彼のことは余り知らなかった(ゴメンナサイ)

髪を短く刈り上げ、大声と大振りなアクション・・講談というより、この人は落語家ではないの?と錯覚してしまうほど会場が爆笑の連続で、「まくら」がたっぷり続く。

ようやく、本題に入って、釈台をパンパンと張扇で叩きながら、テンポの速い語りが始まった。

ご本人もおっしゃっていたように、「本題よりもまくら部分が面白い」・・・でした。

「面白さ」から、若者たちを引き込んで、古典への道を誘導できれば・・・そんな思いが彼のレアな話題が盛りだくさんの語りから、感じ取れた。

茂山狂言も、狂言自体のシンプルさが大好きで、とても静々と面白くて、楽しめた!

トリの小朝サンは、さすが、予想通りといえばそうで、安心して、心から楽しめたのだが、もっとぉ~・・・という感じが残ってしまったのは、多分私だけかも知れない。

きっと、山陽サンが初体験だった私にはインパクトが強すぎたからかも知れない…ネ・・

そして、タイトルにもあるとおり、京極夏彦サンが、この3組の作品を原作・新作・改作として書かれていて、彼の本は怖そうで読んだことはないのだが、どんな作品になっているのか、これも楽しみのひとつであった。

古典落語の「死神」をリミックス版で・・・

その前が狂言で「新・死神」ということで、続けて、観たせいか、もともと古典という物は何度鑑賞しても、筋はわかっていても何度でも新鮮に楽しめるものではあるのだが、続けて同じ原作を観た・・・という感じがちょっと残ってしまった。

充分に楽しめたし、豪華メンバーと言う事で期待しすぎた私かも・・

June 21, 2005

額アジサイ

DVC00119 日当たりが悪く、土も悪い、悪条件の庭の額アジサイが、今年はようやく、大きな花が数個咲いてくれた!

マンションの工事のおかげで、一度無断で抜かれてしまった事があり、その後、毎年花が一個しか咲かず、「あぁ~やっぱりだめなのか・・・」とあきらめていたら、やっと今年になって、一気に蕾をつけてくれた。

でもなんだか変?

形が変形だし、花(額?)が均等についていない。

よく見ればどの花も皆、少し形がおかしい。

DVC00120

やはり、栄養不足で日当たりが悪く、土壌も悪いせいか?

自然界は正直に結果を表す。

植物オンチの私でさえ、愛情を注いで育てると、それなりに育つし、ちょっと、気が他所に行っていたりすると、万年青のように、死んでしまったりする。・・来年にはもっと形の美しい額アジサイになりますように!

もうひとつ、ハナミズキが、工事のため抜かれた後、一度も花が咲かない。

ちょっと頑張って愛情を注いでみるか!

June 20, 2005

マンションの梅の実は?

05 朝、出かけようとマンションの入り口を出たら、植え込みにある1本の梅の木の下で帽子を被った管理人サンが軍手に鋏を持ち、梅の実を枝からひとつづつ丁寧に切り離していた。

「あぁ、もうそんな季節なんですねぇ・・」

「えぇ。いってらっしゃいませ」

「行ってきます」

そんな会話を交わして、出かけた。

夜、戻ってエントランスの中に入ると、去年と同じ様に、メールボックスのそばに梅の実がきちんと並べられておかれていた。

「ご自由にお持ちください」の張り紙が添えられている。80個位とあるから、1戸あたりの計算だと1.6個になる。そんな計算をする人もいないだろうが、去年は5~6個頂いた記憶がある。でも、それをどうしたか・・・はじめは鑑賞用に飾っていたが、そのうち萎んできてしまって、結局、処分してしまった。

今年は枝に数個ついたままのものをいただいた。05

リビングにそのまま、オブジェのように置いてみた。

しばらくは目を楽しませてくれそう・・・そうだ!小さな瓶にミニチュア梅酒なんて作ったら面白いかも・・・でも分量とか調べないと・・・ちょっと面倒かな?

または梅ジャムなら簡単だけど、ちょっとしか出来ないし、梅干はとても無理だし~・・・と考えているだけでも、ちょっと楽しい!

都会の真ん中で、マンション暮らしと聞くと、季節の移ろいなど、無縁ではないかと思われるかもしれないが、春になると、裏のお寺の木々のあたりから鶯がホーホケキョ!と鳴く声が聞ける。秋には小さなベランダに赤とんぼが止まっていたこともあるし、何よりビックリしたのは「ヤモリ」が部屋に入ってきたことがあり、怖がりの私は体中鳥肌が立ちながら、必死で管理人室へ通じるインターフォンを押して、管理人サンにすぐにきてもらって、捕獲してもらったなんて・・・こともあったっけ。

それで・・・あの梅の実を持っていった他の住人の方は、梅を見ながら、何を考え、どんな風に処理したのでしょうか~

June 19, 2005

キーボードレッスン・・第五回目

渋谷のヤマハスタジオで先生一人と生徒二人、月に一度のレッスンを始めてもう5回目を迎えた。半年たってしまったが、月1回程度の練習で、本当に1曲でも弾けるようになるのかと半信半疑で始めたのだが・・・

モチロン、日々の練習をするというのが大前提なのであるが、二人とも、仕事をしていて中々時間を作れない。いや、作ろうと思えば作れるが、全くゼロからのスタート故、中々思うようには行かない。

と言っているうちに、確信できたことはひとつあった。

練習を積み重ねれば必ず弾けるようになる!

もちろん、初級クラスのモットもやさしい曲をという意味であって、「ミスティ」は、無理かもしれないが・・・今回は本当に練習量が足りなかったので、○はもらえなかった。

先生と別れてから銀座へ・・・山野楽器で楽譜を購入・・・フフフ・・・まるで楽器弾ける人みたいに思われてるかも・・・でも二人そろって買った本は『やさしい大人のピアノ』

友人の目標曲『冬ソナ』のやさしいバージョンが載っている本という事で私も買ったのだが、あとで中を見たら、これは意外と読む気になれそう!!

『楽譜をスラスラ読んだり、指をパラパラ動かしたり、そういう能力は発育盛りの子供たちに譲るけど、大人ならでの、大人じゃなくちゃ弾けないピアノってあるはず。』

こんな言葉で始まっている本・・・きっといつか弾けるようになるかもしれない・・・♪

「小籠包」のお店でビールに紹興酒でランチのあと、恒例の「BIC ECHO」でカラオケタイム。

05 本日の締めはいつものお店へ。

  • アプリティフにはよく冷えたシャンパンを・・・

その後は「吉兆宝山」「長雲」を、私はロックで友人はお湯割り・・・

「ドリンクのラストオーダーですが?」と言われるまで、気の置けない友と、のんびり、ゆったり楽しく話しながら、時は流れて行く・・・こんなひとときが私にはたまらなく贅沢!

モチロン!キーボードももう少し時間を作って練習しようねぇ~と言って別れた。

来月はもう少し弾けるようにしないと、彼女においていかれちゃうもんね。頑張るからね♪

« June 12, 2005 - June 18, 2005 | Main | June 26, 2005 - July 2, 2005 »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪