« May 8, 2005 - May 14, 2005 | Main | May 22, 2005 - May 28, 2005 »

May 15, 2005

アウディに乗ってやって来たカシワバアジサイ

05
我が家が位置する場所は「菊坂」という名の地名通り、どこも坂や階段だらけ。
狭い路地が行き止まりかと思いきや、進んで見ると抜けられ、別の道に出られたり・・・
通りの反対側に並ぶ建物は正面の玄関が実は2階で、裏に回って見ると、「(菊坂の)下道」という通りにも面していて、そちらには裏の玄関(前からすれば地階)があり3階建てになっている。
幼い頃、友達の家がその並びにあって、玄関から入るとそこがじつは2階だったんだぁ~と、分かった時の感激と同時に、景色が2倍楽しめることがとても羨ましく思った記憶がある。
こんな環境に育ったからか、「ハウルの城」はワクワクして楽しくてたまらなかった!

前置きが長くなったが、我家のマンションはゆるい坂の途中に立つマンションなので、玄関側の部屋は普通に1階なのだが、リビングルームに続くテラスの向うにある専用庭は地表面が高くなっていて、庭から見ると「半地下のリビング」という感じになる。
リビングから庭を眺めるという普通の状況とはちょっと違って、部屋から外を見上げるという感じになるのだ。
それでも、緑の木々がザワザワと風にそよいでいたり、野鳥のさえずりや飛び交う姿を見ていると、都心にこんな落ち着ける場所があるなんて!・・・自画自賛してしまう。

そのために、部屋から緑が少しでも多く、見えるような工夫を、あれこれ、試行錯誤を繰り返してきた。
おまけに、植物オンチのモノグサときているから、鉢植えを買っては枯らし、地植えならば枯れないかと思えば、気がついてみれば、雑草がはびこり、肝心の植物たちが枯れてしまっている。kasiwabaajisai

日照時間も少なく、狭い場所、目線が下から見上げる角度なので、ある程度の背丈がないと部屋からは鑑賞できない。そんなわずかな空間である窓を額縁の絵のように出来たら・・・が夢!
そんな日々の悩みを、私のライフスタイルコンサルタント的存在の友人にヘルプ・ミー!
現在、なんとか根付いている、アイビー・つわぶき・ガクアジサイ・レモンバーム・パインセージ・・・など全てが彼女が運んできてくれたもの。

そして、コンサルタントが出した回答が「カシワバアジサイ」
鉢のままでも楽しめるし、咲き終わってから地に植えてもいい。
そうと決まれば即行動の彼女。
地元で全ての必要なもの{土・鉢・肥料・花・etc・・・)を買い込み、息子の愛車アウディに積み込んで、我家までやって来てくれた。
高校生頃に逢ったのが最後の彼は逞しい、大人の男に変身していた。
ヘッドハンティングを何度も経験している彼も母親の前ではただの運転手、土や鉢植えをニコニコしながら、気持ちよく運んでくれた。
有難う!Tちゃん!

彼を車とともに先に返し、バタバタと庭つくり・・・
もともと、植わっていたハナミズキが1年目に花が咲いたきり、2度と咲かず、葉も元気がなく、マンション管理人さんにも相談して、消毒も定期的にしてもらっていたのに何故?・・・と悩んでいたら、「貝殻虫がついているじゃない」・・・な~んだ・・・なんで、誰も今まで気づかなかったの?・・・
早速、クスリを買ってきてもらってシュー!!!
これで、少しは元気になってくれるだろうか・・・

運んできてくれたものは、無事に庭に収まった。
しばらくすれば、もう少し、全てが大きく元気になってくれる筈(?)
又、枯らさないようにせねば!

「では、乾いたのどを潤しにいきましょう!」
と、ラクーアまでプラーリ~。
観覧車やジェットコースターが美しいイルミネーションで浮かび上がる、大好きな夜景を見ながら、ちょっとお洒落な和食を頂き、ビールに芋焼酎で「有難うございました」と乾~杯!
園芸の話がいつのまにかスピリチュアルの話になって夜は更けていった。

そうそう・・・hanaちゃんから頂いた、「野イチゴ」がやっと、庭の隅に小さいけど真っ赤な実をつけていました。
危うく、雑草と一緒に引きぬきそうになったくらい、ひっそりと咲いていた。Image048

« May 8, 2005 - May 14, 2005 | Main | May 22, 2005 - May 28, 2005 »