• 0501
  • 0491
  • 0121_2
  • 0111
  • 0101
  • 0091_2
  • Kijituzenn
  • Dsc03148ss
  • Img_2314ss
  • Ass_2

« March 6, 2005 - March 12, 2005 | Main | March 20, 2005 - March 26, 2005 »

March 15, 2005

母のいる場所・・・という映画

haha-no-irubasyo1
ある老人ホームを舞台にした物語。
そこは、介護なしでは暮らすことの出来ないお年寄りたちが、様々な事情で入居されている。
ユニークな会長さん以下、働いている人皆が生き生きとしていて、将来はこんなところで暮らせたらいいなぁ~と思うほど、お年寄りが皆楽しそうで、大切にされているように見える。

久田恵さん(原作者)のお母様が入居されていた老人ホームでの体験が本になり、この映画が出来た。撮影も実際のホームでロケを行ったという。
偶然だが、私の母も同じホームに8年近くお世話になっていた為、案内状が来て、この映画の存在を知った。

久田さんは、家族の様々な問題を抱えながら、老親の介護問題で悩んでいた時、この素晴らしい老人ホームにめぐり合った。
そこでは、専門家が、適切な介護をしてくれるから、家族も、介護される側も安心して、全てを委ねることが出来る。
私の母も、訪ねるたびに表情が穏やかに柔和になって行った事で、暮しぶりも充分想像できた。

高齢化社会に向かっている今、『老親』という問題は『小子化』に加えて、絶対に避けて通ることはできない。
そんな中、選択肢のひとつとして、専門家にケアをお願いするという事は、単に、こちらが楽になる・・という事ではなくその結果、出来た心のゆとりを持って、更に温かく、人格を尊重し、接するのが大切な事。
私自身への、自戒をも含めて、全ての子供は全ての老親を守ってあげて欲しいと思う。
中々出来ることではない・・・だからこその・・・願望。

4月9日より岩波ホールで上映される。

March 13, 2005

キーボードレッスン・・第三回目

kinmedai4前回のひどい状態から、早くも3回目のレッスン日がやってきた。
数日前、一緒にレッスンを受けている、友人からメールが入る。
5時間は練習しようよ・・・と提案した彼女がどうやらクリアしたらしい、余裕を感じさせる文章・・・
私はというと、とにかく滑り込みで練習をしていた。

『きらきら☆』と『喜びの歌』の2曲を両手で弾けるようにしていかなければならない。
両手とはいえ、左は1小節に全音符をボーンと押しているだけなのに、両手で違うメロディを弾くのがこんなに難しいなんて!!!
同じところで何度も間違える。
やっぱり、私は不器用だから駄目なんだわ・・・と周囲に甘えてみると決まって返ってくる言葉は、練習以外に前に進む方法はないということと練習すればプロを目指すのでもない限り必ず弾けるようになる!という有難いお言葉!

そしてこのレッスン日記を載せるようになってから、私と同じような考えの人が結構いることを発見!
友人の何人かの家に埃を被ったキーボードがあるという事も発覚!
やはり、ピアノを弾けるようになりたくて買ってはみたものの、弾けずにそのままになっているらしい。

先日届いた友人からの手紙に、新聞の切り抜きが同封されていた。
エッセイでタイトルは「ピアノが弾きたい!」ある評論家がやはり、同じように、「好きな曲をただ1曲だけ弾けるようにしてくれるレッスンが本当にあるのならすぐにでも飛んで行きたい!」と書いている。しかもこの記事は1990年となっている。その方は今は1曲弾けているのだろうか?
他にも、同じように中年のオジサンたちがピアノをカッコよく弾いて、周囲から憧れの眼差しで見られたい(女性にもてたい?)という、思いからピアノを始めた体験談をまとめた本を薦められたり・・・
とにかく動機は様々ではあるが、同じ思いの中年男女が意外と居ることを知り少々心強くなっている。

とはいえ、今回は確かに少しだけ慣れてきたような気がするのは図々しいかな?
二人揃って、赤鉛筆で○を頂いた。ヤッター!
余った時間で先生に、今回は「ミスティ」を弾いてもらう。
わぁ!カッコいい!譜面なしで弾いているよ。凄い~
私・・「先生!私それ弾けるようになりたい!」
先生・・「エェ?・・・」
「クリスマスコンサートを3人でやりましょう?」先生もお上手!我々をその気にさせてる♪

レッスン終了後、二人とも「お腹すいたぁ!」
薬膳中華のランチを食べながらお喋り。ビールもお代わりしちゃおう♪
そのあと、カラオケに行き腹ごなし。
最後にたどり着くお店は静かで落ち着ける、我々のお気に入りのお店。
「私、お肉が食べたい」と友人。
野菜のしゃぶしゃぶ鍋。アボカドとトマトのフライ。佐賀牛とエリンギのはさみ焼き。
スパークリングワイン・焼酎(「いも麹・芋」,「長雲」)
「私、おにぎりも食べたい」と友人。
モチロン、私だって食べたい。
「わさび海苔と明太子のおにぎりを2つづつ下さい」
「それから、金目鯛の甲煮も・・・」と友人
「・・・・」お店のかっこいいオニイサンが
「あのお~結構、量が多いですけど・・・大丈夫ですか?」
「大丈夫!」
二人揃ってどうしちゃったの?というくらい食べた!飲んだ!

レッスンが上手く行ったからだろうか?
そうではないと思う。
明日のヘルスメーターに乗るのが恐い!

« March 6, 2005 - March 12, 2005 | Main | March 20, 2005 - March 26, 2005 »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪