• 010
  • 008
  • 007
  • 014
  • 013_2
  • 001
  • 051_2
  • 048_2
  • 047_2
  • 044_2

« 額アジサイ | Main | 「ミスティ」はさっき弾きました! »

June 23, 2005

小朝・茂山・山陽の京極噺

すみだトリフォニーホールのステージの中央に高座が。その上の、とっても小さく見える釈台(机)や座布団の辺りだけが明るく照明で浮かび上がっている。

クラシックコンサートで来たことがあるこのホールで、落語に講談?狂言まで~・・一体どんな感じの演目となるのか・・・興味津津・ワクワクといった感じで出囃子を待った。

開演のベルが鳴り、舞台の中央が一段と明るくなり、赤いジャージー風(?)模様の着物で山陽サンが勢い良く現れた。本音を言えば、彼のことは余り知らなかった(ゴメンナサイ)

髪を短く刈り上げ、大声と大振りなアクション・・講談というより、この人は落語家ではないの?と錯覚してしまうほど会場が爆笑の連続で、「まくら」がたっぷり続く。

ようやく、本題に入って、釈台をパンパンと張扇で叩きながら、テンポの速い語りが始まった。

ご本人もおっしゃっていたように、「本題よりもまくら部分が面白い」・・・でした。

「面白さ」から、若者たちを引き込んで、古典への道を誘導できれば・・・そんな思いが彼のレアな話題が盛りだくさんの語りから、感じ取れた。

茂山狂言も、狂言自体のシンプルさが大好きで、とても静々と面白くて、楽しめた!

トリの小朝サンは、さすが、予想通りといえばそうで、安心して、心から楽しめたのだが、もっとぉ~・・・という感じが残ってしまったのは、多分私だけかも知れない。

きっと、山陽サンが初体験だった私にはインパクトが強すぎたからかも知れない…ネ・・

そして、タイトルにもあるとおり、京極夏彦サンが、この3組の作品を原作・新作・改作として書かれていて、彼の本は怖そうで読んだことはないのだが、どんな作品になっているのか、これも楽しみのひとつであった。

古典落語の「死神」をリミックス版で・・・

その前が狂言で「新・死神」ということで、続けて、観たせいか、もともと古典という物は何度鑑賞しても、筋はわかっていても何度でも新鮮に楽しめるものではあるのだが、続けて同じ原作を観た・・・という感じがちょっと残ってしまった。

充分に楽しめたし、豪華メンバーと言う事で期待しすぎた私かも・・

« 額アジサイ | Main | 「ミスティ」はさっき弾きました! »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44647/4671062

Listed below are links to weblogs that reference 小朝・茂山・山陽の京極噺:

« 額アジサイ | Main | 「ミスティ」はさっき弾きました! »