• 019
  • 576_2
  • 99999_2
  • 574
  • 573
  • 999
  • 571_3
  • 579
  • Gw12
  • 036

« ネットだからこその素敵な出会い | Main | 懐かしく嬉しいメールが・・・ »

January 08, 2005

又も哀しい別れ

to年末に余りにも突然の訃報・・・が届き、そして又も哀しい知らせが入った。
40年前、偶然に訪れ、以来、青春時代の思い出としてのとても大切な場所となっていた『軽井沢もりのいえ』
独身時代は、ひと夏に何度も訪れたことがある位、我々仲間のお気に入りの場所だった。
そこの、当時の社長(とその頃私たちは呼んでいた)であるオーナーが亡くなった。

今は息子さんが跡を取っておられ、その彼から連絡を戴いた。
亡くなったのは、年末だったそうだ。お正月を過ぎてから、周囲には連絡をという事だったらしい。
身内で火葬は済ませ、これから、親しかった人たちで『偲ぶ会』をするので、是非、参加して欲しいという。

本当に懐かしいあの頃、18歳だった私たちは、遊びたい盛りで、夕食が済むと、又外へ出かけ、門限を過ぎて戻るから、いつも鍵を掛けられ、内側から「コラ!遅いぞ」と社長の声で迎えられるのが日課だった。
当時のペンション(だろう)としては、とてもお洒落だったから、食事の住んだ後の食堂がダンスホールに変身して、かなり盛り上がったらしい。・・・というのも、生意気盛りの私たちは、そんなところで遊ぶよりも、もっと楽しい事あるもん!というわけで、昼間に知り合った男の子たちと、又会う約束をして、お茶をしたり(可愛いもんでしょ?)彼らの別荘にお呼ばれしたりしたりしていたのだ。
そんな私たちを社長はいつも、温かく見守ってくれて、時には、ちょっぴりエッチなユーモアたっぷりの会話がとても楽しかった。
ママ(奥様)の作るコールスローサラダのドレッシングが美味しくて、パンとサラダとコーヒー。ハムエッグもあったかな?広々とした白樺林の広がるお庭を眺めながら、テラスで取る朝食は最高だった。
食事のあと、コーヒーを飲みながら、ゆったりと絵葉書を書いたり、読書をしたり・・・
その頃に、自分のライフスタイルの基礎みたいなものを、自然に教わっていたのかもしれない。
豪華でなんかなくてもいい。心の豊かな暮らし方をしたい!
社長とママ・・・お二人から得たヒントは私にとって、とても貴重な財産となった。

ある年「ダンスパーティに一緒に行って欲しい」と社長に誘われ、白のビュイックに2組のカップルで出かけた。
万平ホテルでのチャリティパーティだったと思うが、どんな風にダンスをしたか、実は余り記憶がない。
多分、今にして思えば、ダンスが趣味の社長は、食堂で、皆と踊りを楽しんでいたのだろう・・・
私たちはそこには一度も参加したことがなかったので、きっと、踊ってみたかったのかな?
ちょっぴり、大人の世界を覗けたようで、嬉しかった事を覚えている。

そして、三十数年後。
昔の面影をそのまま生かした外観で、素敵なプチホテルとして、リニューアルオープンした。
社長夫妻は一線から退かれ、宿泊客のように一室を占有し、ゆったりと過ごされていて、息子さん夫婦がオーナーとなり、更に魅力的な「もりのいえ」となっていた。
夏にそこを訪れると、社長は「お帰り!遅かったじゃないか♪」と迎えてくれた。
まるで、ずっと毎年そこで会っているかのように!

夏以外は神楽坂でジャズ・レストラン「もりのいえ」を営業している。
2階が住まいになっていて、そこからお店に現れる時はいつも、きちっとお洒落なスーツ姿だった。
「上から下まで全部私が選んで着せているの。着せ替え人形のようにね~♪」ママが嬉しそうに言っていた。
to1お二人の生きてこられた様子の、本当にある一面しか見ていないかもしれない。でも、そこから、本当に沢山のヒントを頂いた。
ありがとうございました!
『偲ぶ会』はそのレストランで行われる

« ネットだからこその素敵な出会い | Main | 懐かしく嬉しいメールが・・・ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44647/2507578

Listed below are links to weblogs that reference 又も哀しい別れ:

« ネットだからこその素敵な出会い | Main | 懐かしく嬉しいメールが・・・ »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪