• 010
  • 008
  • 007
  • 014
  • 013_2
  • 001
  • 051_2
  • 048_2
  • 047_2
  • 044_2

« 会社の怖~い話 その1 | Main | お土産に頂いたカツサンド »

January 29, 2005

アフタヌーン・ティを美味しく楽しむ方法は?

年を重ねる毎に、嗜好が変化してきて、スイーツ系・・それも洋菓子が量を受付けなくなってきている。
不思議なのは和菓子(芋・豆)はいくらでも食べられる。
つまりは、オバアサンに近づいてるってこと?・・・違いますって!

そんな事を感じながらも、映画を見たあとの昼下がり、ランチタイムは過ぎていたので、友人とホテルでアフタヌーンティをした。
日比谷のTホテルのピアノラウンジで・・・
スコーン、サンドイッチ、ケーキ、紅茶・・・お決まりのモノが出てきたが、ここは、スコーン以外はいろいろとチョイスが出来るのだ。「紅茶orコーヒー?」
エッ・・・アフタヌーンティで「コーヒー」もありなんだぁ~
サンドイッチもケーキも好きなものを選ぶようになっている。
数年前になるが、ワシントンDC郊外のホテルRも、目白のFホテルも、全く内容は同じではなかったが、皆、それなりにゆったりと午後の紅茶を楽しめて、味というよりは時間と空間にお金を払ったという思いがある。

そこで、私としての課題がひとつ・・・
スコーンが好きでないのだ。
でも、どうやら、スコーンはアフタヌーンティには不可欠なものらしく、何処でも必ず、3段重ねのトップのお皿に堂々と鎮座して運ばれてくる。
せっかくだからと、でもそのままでは食べられないので、たっぷりとジャムや、ホイップクリームやらをつける。
ウワッ・・甘いよ!紅茶が欲しい!かなりの水分好きなので、あっという間にポットは空になる。
「ポットにお湯を注してください」
「はぁ~?、今、新しいのをお持ちしますから」
なんだか、気のせいか、そっけなく言われ、ポットは没収されていった。
又、同じように、砂時計とともに新しい紅茶が運ばれてきた。
ケーキも甘~い!モンブランだったので、又すぐに、紅茶のポットが空になった。
お水は黙っていても、いつのまにか、グラスに足しにきてくれるのに。

私のようなへヴィ紅茶ドリンカーは、アフタヌーンティなんて優雅なメニューには向いていないのか?
サンドイッチは甘いものの後でお口直しに・・・ととっておいたら、いつのまにかパサパサになっている。
最後はお水を飲みながら、サンドイッチを流し込んだという感じだった。

目白のホテルでは、大きなポットに、何度も黙っていてもお湯を注しに来てくれた。
かなり、何度さしても、紅茶の味は変わらずに飲むことが出来たという印象があって、とっても満足感があった。
DCのホテルでも同じに、お湯を何度も注してくれたっけ・・・
だからといって、出がらしの紅茶を飲んだという印象は残っていない。
多分最後のほうは、かなり出がらしっぽかったはずだが、「ゆったりしてください」というメッセージが、従業員の態度や、店内の雰囲気などから、自然に醸し出されていて、そこにいる人を心から寛がせてくれたのだろう。
接客業というのは、難しいと思う。
たった一人の従業員の態度で、こちら側からの印象がガラリと変わってしまうこともあるのだから・・・

それにしても、スコーン抜きのセットってないんですかねぇ~?

« 会社の怖~い話 その1 | Main | お土産に頂いたカツサンド »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44647/2734620

Listed below are links to weblogs that reference アフタヌーン・ティを美味しく楽しむ方法は?:

« 会社の怖~い話 その1 | Main | お土産に頂いたカツサンド »