• 0501
  • 0491
  • 0121_2
  • 0111
  • 0101
  • 0091_2
  • Kijituzenn
  • Dsc03148ss
  • Img_2314ss
  • Ass_2

« 省略元旦・・それでも一応 | Main | ネットだからこその素敵な出会い »

January 02, 2005

CATS

ようやく念願の舞台を見ることが出来た。
10数年前、チケットを購入し、出かける仕度もすませた直後に、アクシデントが起こり、ついに行けなかった経緯がある。
それから、キャッツシアターもあちこちに作られ、その当時と今回とは劇場の作りも違うらしい。
事前に数人から、印象を聞いたが、どれも、ピンとくるものはなく、でも、これだけ、ロングランをしているという事は、きっとイイに違いない!・・・そう確信して出かけた。

回転席という席を取ってあったので、どう回転するのかワクワクだったが、・・・・それほどのことでもなかった。
ただ舞台が間近に感じられ、充分に楽しむ事が出来た♪

猫好きな人にはたまらない!猫が素敵!
猫らしくしなやかな動き、思わず手を伸ばして背中をさすってしまいたくなるほど、毛並みもいい!
オープニングの場面でシャム猫風の毛足の短いスレンダーボディの雌猫が、スポットライトを浴びてすくっと立っていた。もう全身ゾクゾク!期待で胸が膨らむ。

グレーと黒の縞模様できりっとした表情の雄猫はグループの兄貴分的な立場で皆を束ねている。
街一番のお金持ちで政治が大好きという、肥満体の猫はいかにもつやつやとしたビロウドの毛並みをしている。
雌猫たちも全身フワフワのピンクやら真っ白や、ゴールドだったり、縞模様だったりで、ダンスナンバーを踊っているのに、猫だっ!と思って見ている私。
ボロボロのコートを引きずりながら現れる、老いた娼婦猫は、路地裏で暗闇から目を光らせながら人の様子を伺っている、昔は美しかったのに、手入れもされず、毛並みも薄汚れてしまったままの猫を連想させる。

二十数匹、全部個性の違う猫たちが、シアター内を伸び伸びと駆け巡る。
深夜の猫の集会で、交わされる、猫の世界が人間と重なっても見える。

猫は決して、人間の言いなりにはならない。
まず、自分がある。犬とは対局にある。
歌の中に「猫は犬にあらず」云々の言葉が出てくる。

以前、近所の一方通行の通りのド真ん中を悠々とした足取りで歩いている、近所の飼い猫がいた。茶トラで少し太めの身体にふてぶてしい表情をしている。その時、反対側から車が走ってくる音が・・・。
「危ないよ!」と声をかけたが、知らん顔で車の方向に向かって行く。
「オイオイ・・・」と思ってみていたら、ついに車が徐行して脇によって猫をやり過ごした。
数日後に又その辺りを通りかかると、今度は道路の真ん中にデンと座り込んでいた。結構車の往来のある道路なのに・・「ここは自分の家の庭だよ、車なんて通るなよ」とばかりの態度で悠然としている。
こんなにも、自己中なのは、いくら猫好きでも、ちょっとぉ~と思うが、「強さ」に憧れる私としては、ちょっと気になる猫チャンだった。

CATSのストーリーは「ノンセンス・ヴァース」を原点とし、その深層に隠された「宗教や哲学」による、救済と再生のドラマ仕立てにした・・・とプログラムにある。
猫の姿態やしぐさにばかり気をとられ、そんな大事な部分を深く見られないうちに、心地良くラストにまで来てしまった。
もう一度見たら、その部分が分かるのかもしれない。
私が感想を聞いた人たちも、同じような感じだったのだろうか・・・

ますます猫が好きになった。
猫のように生きてみたい!いつもそう思っていた。
多分に怠け者の私だからかもね♪

« 省略元旦・・それでも一応 | Main | ネットだからこその素敵な出会い »

「文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

sagan さん、あけましておめでとうございます!
『cats』、楽しかったご様子で、猫好きの私もちょっと観てみたくなしました。

うちのcat は、もうあんまり歩けなくなってしまい、立ち上がると生まれたての子馬のようです。ヨロヨロのふらふら。でも、猫は強いですよん。そんな状態でも自立(自律)しています。見習う点が多く、勉強になるにゃぁ。

わごむさん。あけましておめでとうございます。
本当に、舞台を見ながら、毛足の長~い、ちょっと気高い感じの雌猫を見ると、これに近いかな~ナナ様は・・なんて思いを馳せながら、観ていましたよ♪
頑張って欲しいですね。女王様!
自立している・・・って、自分の意思を尊重することでもあるわけですよね。
やっぱり、猫が好き!

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44647/2446407

Listed below are links to weblogs that reference CATS:

« 省略元旦・・それでも一応 | Main | ネットだからこその素敵な出会い »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪