« December 19, 2004 - December 25, 2004 | Main | January 2, 2005 - January 8, 2005 »

January 01, 2005

明けましておめでとうございます

さわやかな気持ちで、新年を迎えられたかな?
なんだか・・・
メールで親しい友達から新年の挨拶が・・・
今年こそ!(毎年同じことを言っている)今まで先延ばしにしてきたことなどをひとつづつ片付けられたら・・・と思っている。

去年は余りにも沢山の不幸なことが世界中で起こり、このまま、どんどんもっとひどくなることの前兆なのか?と思ってしまうほど・・・
こんな時代だからこそ、自分をしっかりと持ち、悔いのないように一日一日を大切に生きて行かねば・・・

年末ジャンボを三千円買って、三千円当たった!・・300円のプラス
今年は幸先がいいかも~♪

December 31, 2004

年末恒例超ミニクラス会

高校のクラスメート3人だけで、ここ3年ほど、忘年会をしている。
本当に1年ごとに集まるので、まるで、映画仕立てのように、それぞれの1年間の軌跡が浮かび上がってきて、人生ってまるでドラマみたい!・・・いや、ドラマ以上かな?と思う。

ある人は夫から自立するために家を出た。
ある人は長年勤めていた会社で、早期退職を余儀なくされ、思いもかけない老親の介護がその後に続く。
ある人は上手く行っていたはずの子育てが、予定通りには行かなくなって、今も問題を抱えている。

そして今年は・・・一人が、1年前に比べかなりスリムになって現れた。
「ダイエットしてるのよ」という事から、女性にとっては興味のある話題・・・と思って話し始めたら・・・
「12年前の乳がんが再発して、骨に現れたの」
「薬を続けるために、ダイエットはお医者様から、かなり厳しく言われて、食事制限をしているの」
「投与する薬の量はその人の体積に比例するから、痩せたら、薬も少なく出来るという事なの」
「毎年検診は行っていたのにね」

少しスリムになってきれいになったかな・・・と思うくらいで、フランス料理を「美味しい!」と食べながら、他人のことのように淡々と明るく話す彼女は、全くそんな重大な事を抱えている風には見えない。
これまでも、いろいろな経験をし、いつも持ち前の明るさで乗り越えてきている彼女。
きっと、上手く行くような気がする。今回も。

「じゃぁ~又来年ここで逢おうね!」
しっかり握手をして、別れた。
1年に1度逢うというのも、1年かけて熟成させた果実酒を皆で開けて飲むような感じで、中々いいかもしれない。そのためにも、自分を磨いておかないと・・・私のおかげで不味くなっては困るから♪


December 30, 2004

仕事納めの日

私の働いている職場は昨日が一応の仕事納めだった。
一応というのは、実際は年中無休の会社なので、ずっと営業している。
シフト制の上、9時から夜9時まで営業時間なので、元旦や大晦日に出勤する人もいて、そのシフトは運次第という事になる。モチロン、基本はあって、そこから微調整がある。
そんなハードな会社故、納会も、一応6時半と7時半と2度に分かれていたが、席を全員離れることはできないから、交代でやってきては、あわてて飲んで食べて、又仕事に戻る人、そのまま帰る人など様々だ。
会社全体でなにかをする・・・という事の出来ない業種なのだ。

そんな職種は、結構あるのかも知れないが、オバサンにはかなりきつい。
今年最後の今日、帰りの挨拶に一人一人に「よいお年を~」と挨拶して回ったら、若い女の子たちは『ハア?』という反応の子がいて、つくづく、いまどきなんだなぁ~と妙な感心をしてしまった。
『よいお年を~』と返した子はゼロで『お疲れ様です』といういつもの言葉がほとんどだった。

こんな職場環境から、つかの間、離れられる正月休み。今回は6日連続で休めることが出来て、かなり嬉しい♪~

December 27, 2004

娘より若いお友達

burauni
今年はいつになく、年末なのに、時間の余裕を感じる。
年賀状も完成したし、掃除はそこそこでよしとして、野菜も充実、最終ゴミ回収日も確認したし、私的には、結構順調ではないか・・・ムフッ・・・
我家は正月は娘と二人だけで、誰も来ないから、自分たちだけの為に部屋を清潔に快適に整え、食糧さえ蓄えておけば、ノンビリTVやDVDなんぞを見ながら、グダ~っとしていたら、あっという間に休みは終わってしまうはず・・・
最近はワシントンの長女の里帰りも正月ではなく、夏休みにやってくるし、なにも普通と変わらないのに、毎年、あたふたと大晦日の除夜の鐘を聞きながら年賀状をプリントしたり、黒豆を煮たりしていた。
何事も後へ後へと先延ばしするタイプ故、最後までバタバタ・・・
それが今年は何故?と自分でも不思議に思ったが、よくよく考えて原因はすぐ分かり納得!
先週の出勤日がシフト制の為に3日しかなかったので時間がたっぷりあったという事で、遊んだり、掃除したり、年賀状作ったり等まとまった時間が取れたのだった。
たまにこういうシフトになると、なんだか得をしたような気分になる。

今日も、忘年会しようと約束をしていた若い友達とランチをした。アフタヌーン・ティルームで、緑茶にマスカットの香りのするフレーバーティをおいしく頂きながら、お互いの職場の愚痴を言いっこしたり、若いのに年金の話題にまで付き合ってくれて、オシャベリを楽しんだ。
別れ際に何気なく素敵にラッピングしたものを手渡してくれた。
「これ!例のブログに書いたブラウニー。毎回味が違うけど、本物の味をしらないし、少しだけど」
彼女は私の誕生日近くに逢ったときも手作りのビーズの指輪をプレゼントしてくれた。
気が利かない私と、年齢とは反対に若い彼女の気配りにいつもわが身を振り返って反省!
温かい気持ちで帰宅した。
年末なのに、ゆったりとしている。なんだか嬉しい!

PS・・・一緒に買った東京都の宝くじ、当たるといいね♪

« December 19, 2004 - December 25, 2004 | Main | January 2, 2005 - January 8, 2005 »