• 0501
  • 0491
  • 0121_2
  • 0111
  • 0101
  • 0091_2
  • Kijituzenn
  • Dsc03148ss
  • Img_2314ss
  • Ass_2

« December 12, 2004 - December 18, 2004 | Main | December 26, 2004 - January 1, 2005 »

December 25, 2004

今年最後の我家のランチパーティ

no3友人二人がお正月用にと沢山の野菜を、キャリー付きケースに詰め込んでやってきた。
娘と二人では食べきれない位、大根・白菜・人参・葉モノ類・ジャガイモそれにタクワンまで!
普段、余り料理をしないことがばれているらしく、正月くらい、オフクロの味をつくりなさいよ・・と二人の顔に書いてある。
今日はクリスマスなので、ローストチキンでも焼こうと思ったが、我家のレンジにはその機能がついていない(言い訳その1)し、皆サッパリ系がお好みのお年頃なので、いつもと変り映えのしないメニューとなった。
部屋の掃除をすませ、シャワーを浴びて、キッチンに立ち、炊飯器にお米をセットし、野菜を洗ったり刻んだりしているうちにピンポ~ン!・・早めのご到着。no4私的には、「お待ちしてたのよぉ~」と優雅な所作で冷たいスパークリングワインをグラスに注ぎ、ハーブ入りの野菜のテリーヌ風(出来合い)にとろりとおいしいソース(オリジナル)をかけ、さっと席に案内するはずだった。
ところがシンクは刻まれた野菜が場所を占領している為に(言い訳その2)、先に大皿に盛り付けて出すことになった。きゅうり・ハス・リーフレタス・ホタテのフレークだけのシンプルなサラダ。
パストラミビーフと玉葱を粒マスタード、バルサミコ酢、マヨネーズ、オリーブオイルなどで和えて1品。
以前わごむさんのブログで見た、パプリカのマリネを真似て作ろうと材料は買い込んであったが、タイムオーバー(言い訳その3)でマリネではなく、ただの炒めものへ変身!
「こっちのほうがおいしいわよ」とやさしく慰めてくださった、わごむさんの母上!
(そう、わごむさんは友人の娘さんなのです)no1そしてメインの鰻(築地のお店のモノ)を温め、ゆずの香りと万能葱たっぷりの豆腐のお澄ましを出す。そのあたりでテリーヌを出すのは間抜けな感じがしたが、『枯れ木も山の賑わい』にはならなかったみたい・・・・
優しい友人二人はおいしいわよと慰めてくれた。
デザートは別腹で、オレンジケーキに紅茶。

腹ごなしにキーボードをいじってもらっていたら、なんとワゴムママはいきなりバイエルの52番を弾きはじめたではないか?もう一人の友人と私で「凄い!両手で弾いている」
もう一人の友も、家にキーボードがあり、私が買ったという事で自分も又始める気になっていたところなので、二人してビックリ!
他にも、「実は家にキーボードがあって、・・又始めようかしら」などと、ブログを見た数人に言われた。
つまり、いかに、皆、楽器を自分で弾きたいと思っているか?でも中々上達できず、楽器だけが残っている・・・
多分私もその道をたどるのだろうなぁ~
イヤイヤ・・・今からそんなことを言ってはいけない!
来年は頑張るのだ!no2

ps・・赤のランチョンマットとナプキンは数日前にDCから届いたばかり・・DCの香りがする・・・

December 23, 2004

DCからの小包

IMGP0917
ワシントンに住む娘からのクリスマスプレゼントが届いた。
大きなダンボール箱にチョコレートやらクッキー類。
ハーシーもMアンドMもミルキィウェイも皆クリスマスバージョンになっている。
それに混ざって、クリスマスカラーのテーブルクロスやナプキン。
そして、なにげなく1枚のDVDが添えられていた。
娘が仕事より大切にしている、バレエ教室の公演のDVDだった。
週5回のレッスンを受けるために、職場での職種まで変えて、バレエ漬けの日々を送っている。
日本に里帰りして来たときでも、オープンクラスのバレエスタジオに行くほど、バレエに夢中の娘。

人から見たら羨ましいくらいの充実した仕事を持ち、やさしい旦那様に支えられているという幸運な星のもととはいえ、わが娘ながら、その生き方は、私にとってどれだけの勇気と励ましをもらえたことか・・・!
「負うた子に教えられ・・」
年に1度しか会えないことが、寂しいけれど、ブログも見ててくれるし・・・ね

メールによると、今年のバレエの公演が終わって今は二人してマイアミ旅行中とか・・・
Merry Xmas & Happy New Year ♪

December 20, 2004

元気すぎる友人のこと

年金がもらえるようになってから、長年の仕事をやめ、毎日を好きなことをして暮らしている友人がいる。
ご主人も健在、親思いで優秀な子供二人とも、幸せな結婚をし、可愛いお孫ちゃんも揃って美形のお嬢ちゃん!

毎日をご夫婦二人、それぞれの過ごし方で仲良く暮らしている。
ご主人は静かに家でPCで株をやったり、のんびりTVを見ながら晩酌。
彼女はというと・・・・
新聞丸読み(全ての記事を目を通す)、読書、手紙を書く、PC、水泳、スイングジャズボーカル、書道、短歌、ピアノ、絵画教室、源氏物語、吹き矢、若き政治家への応援、映画鑑賞、コンサート通い・・・ETC
と八面六臂の活躍ぶり!
聞いているだけで疲れるぅ~

その上、人間好きで、人を喜ばせることが大好きで、心優しい彼女はそれぞれの場で知り合った人とすぐに仲良くなり、ズンズンと彼女の世界を拡大していく。年金の問い合わせに行った場所で知り合った人ともすぐにお友達になり、その後ずっとお付き合いをしている。
こういったことは多分、男の人にはとうていできないというより、考えられないことだろう。
リタイヤ後、男の人は余り、人付き合いをしないという話を良く聞く。(仕事で嫌というほど付き合いがあったからなのだろうか)
逆に女の人は大方、着実な老後に向けてのネットワーク作りに余念がないから、人それぞれの楽しみ方を持っているように思える。

いつか出合った電車内でのこと。向かいに一人おばあさんが座っていた。次の駅で又おばあさんが乗ってきた。
隣同士に座ると、どちらからともなく会釈を交わし、「お買い物ですか?」みたいな言葉をきっかけに、その二人は一人はご主人に先立たれ、孫が何人いて・・もう一人は嫁姑の問題がどうたらこうたら・・
あっという間にものすごいプライベートな話題になり、2駅目あたりで、どちらかが降りて行く時に「ではごめんください」と何事もなかったのように挨拶を交わしていた。(もちろん二人は初対面同士)
凄いっ!私にはとうていできない。
何かの行列で隣に並んだ人と、その共通の話題で会話を交わしたりすることはあっても、隣に座っただけでこんなにフレンドリーになれる・・・オバサンパワーは凄いと思った。

友人は多分こんな部類に入るのだろう。
その上、何をやっても出来てしまうので、すぐに飽き足らなくなって、いろいろなことにチャレンジしたくなるのだろう。
書道ひとつをとっても、先生に物足りなさを感じて何箇所も替えているほどの腕前。
「キーボードを買った!」という私のブログを見て、休んでいたピアノを又習うことにしたらしい。
彼女はバイエルの何十番とかまで経験済みの人だから、私がコードを覚えて「ジャーン!」と弾き語りをしたいなどというのとは比べ物にならないレベルの話だ。

歳を重ねるほどに、頭も冴え、身体も元気!
好奇心と、行動力と、環境が整えば、人間はいくつになっても進化し続けられるのだ。
こんな、素敵な友人のおかげで、私も少しは進化できるといいけど♪

PS・・・この記事は自分だわと思った友人へ
    コメントを、もし頂けるのであれば、誤字の指摘
    以外にしてくださいね(笑)

« December 12, 2004 - December 18, 2004 | Main | December 26, 2004 - January 1, 2005 »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪