• 0501
  • 0491
  • 0121_2
  • 0111
  • 0101
  • 0091_2
  • Kijituzenn
  • Dsc03148ss
  • Img_2314ss
  • Ass_2

« November 14, 2004 - November 20, 2004 | Main | November 28, 2004 - December 4, 2004 »

November 24, 2004

一葉忌に行ってきました!

IMGP0903.JPG IMGP0907.JPG■素晴らしく気持ち良い秋晴れの早朝、法真寺の一葉忌に参列した。
ミーハーと言っていただいても結構です。家から数分で行ける場所にありながら、今回、新札発行という事で、初めての参列。今回は昨年の倍近い人数が集まったらしい。きっと私と同じような人が多かったのだろうか・・・

しかし、行って良かった!
一葉さんがとても身近に感じられたし、もっと、作品を読んで、一葉さんという人を深く知りたくなった。

「一葉は逃げなかった人だ」尋常の人間と違いがあるとすれば、その一点である。現実を直視し、逃げなかった。しかし我慢もしなかった。自分がおかれている状況、直面している現実が苦痛に満ちていたら、まず「いやだ!」と全面的に拒否した。「いやだ!」という叫びは現実生活の中には表さなかった。文学という形で一葉は叫んだのである。そしてそこにとどまり、それを見つめた。その場所で生きつづけた。

わずか24歳で、一生を終えた彼女。作品はもちろん、一葉という人間性のみごとさに惹かれた。
だからこそ、いつまでも、多くの人々の心を惹きつけるのだろう・・・
若くして世帯主となった彼女は、母親のためにも、自分の思い通りの生き方も出来なかったのではないか・・・
ある面では哀しいとも思える生涯。
そんな人間くさい一葉だから、いつまでも人々の記憶の中に生き続けるのだ。

幸田弘子さんの朗読もお話も、いかに彼女を愛しているかが一言毎にジンジン伝わって来て、それが私たちを感動させる。
荻野アンナさんも、面白おかしく話される内容の中で、まさにそんな人間像を浮き彫りにされていて、ますます興味を抱いた。

本堂に正座をしたままで、かなりきつかったが、良かったぁ~
せっかく、こんな恵まれた環境(本郷菊坂)に住んでいるのだから、これから、少しづつ、読書タイムを増やすようにしよう!
PCもやりたいし、DVDも見たい!TVゲームもやりたいし、仕事のあとの目はとても疲れて本を読む気にならないし・・・言い訳かもしれないが、来年の目標・・・本を読む時間を増やす!

IMGP0912.JPG■本堂を、出て、「一葉饅頭」「絵葉書」などを購入、人ごみから逃れるように、向い側の東大へ・・・
銀杏並木はかなり紅葉していたが、私が見たかった黄色い絨毯はなかった。

「観たい映画があるの」という友人と、ランチのあと銀座へ向った。
「みんな誰かの愛しい人」・・・友人!ごめんなさい!
連日の寝不足がたたり、ほとんど寝てしまいました。

IMGP0916.JPG■アフタヌーンティの6Fで温かいフォンダンショコラとアイスクリームのデザートとベトナム茶を・・・
友・・・「今度、スイング(ジャズ)クラブに入ったの」
私・・・「やだぁ、私もキーボードでジャズの弾き語りなんか
    たった1曲でいいから習いたい!なんて思ってたの」
友・・・「あとね、絵も始めるつもりなの」

好奇心ではお互いに若者以上に負けない我ら熟女!
西銀座チャンスセンターに寄って、年末ジャンボを10枚だけ買った。
私は2番窓口で、友人は3番で・・・さて幸運の矢はどちらかにでも飛んで来るだろうか?

一葉さんから始まった今日一日。
明日は仕事だ。頑張ろう!・・・と思ってはいる・・・・・・・・・

November 22, 2004

ハウルの動く城♪♪♪

ヒロインは90歳の少女・・・という言葉に引かれ、ずっと見たいと思っていたから、すぐに行ってきた。
それと、あの動くお城!
宮崎監督は、本当に純粋な少年の心をいつまでもお持ちだ!

自分が空想をしてこんな物語があったら楽しいだろうなぁ・・・と思っていて、だからといって、自分の思いを表現するのは自分の頭の中で一人でひそかに楽しむ程度。それをパワーアップして作品として見せてくれる!
「そう!そう!・・・こんな気持ちを味わって見たかったの!」

声優方も、全部素敵!
音楽も映像も気持ちがグングンほぐされて行く。
とにかく気持ちよくなれる!
皆が、いつまでも、こういった気持ちを持ち続けていたら、本当にこんな嫌な時代にならないで済んだかもしれないのになぁ・・・

どこか狂ってる今の時代。
だからこそ、こんな作品に、オアシスを求める人(の心を持ち続けたいと思っている人たち)が集まってくるのだろうか?
生きる楽しさ!愛する歓び!かなり元気になれる!・・・プログラムにあったコピーだが、本当!

« November 14, 2004 - November 20, 2004 | Main | November 28, 2004 - December 4, 2004 »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪