• Photo
  • 221111
  • 2211111
  • 22111
  • 22111111
  • 2211
  • 89898989
  • 898989
  • 005
  • 23232323

« 焼肉とコンサート | Main | 元気すぎる友人のこと »

December 12, 2004

『天国で逢おう』でさわやかな感動

昨日、幼馴染と会った時に、今日のTVでドキュメンタリーをやるから見てね言われていた。
年賀状つくりをしなければと思いつつも、TVに釘付けになってしまった。

世界的プロウインドサーファー飯島夏樹さんが、肝臓ガンで残された時間を、「生かされています」といいながら、末期の闘病生活を、家族とともに、さわやかな乾いた風が吹き抜けるように生きて行く・・・そんな空気を全編に漂わせた、とても後味のいい番組だった。
もちろん、映すことの出来ない部分では辛い!きつい!悲しいことの方が多いかもしれない。
が、なんと言っても映像の力というものは本当に凄いと思う!
彼のことは話として聞いていたのだが、映像で動き、喋る彼を初めて見て、「なんと笑顔のいい素敵な人」とひとめ見た途端好感を持ってしまった。
奥さまの寛子さんも、子供たち4人も皆、笑顔がさわやかで、くったくがない。

何故、こんなにも明るくさわやかでいられるのだろう?
不思議なくらい、かげりが感じられず、自然体でいられるのだろうか?信仰心なのか?

どの場面も、子供たちは好きでたまらないといった感じにしっかりとパパにくっついている。
「ガンを見せて」なんてお願いをするとパパは傷口を見せて「ガンは中にあるからここからは見えないんだ」なんて会話をしている。

「天国で君に逢えたら」という本は残された家族のためと、自身が見つけた生きがいとして始めた執筆活動で生まれた小説。

奥さまの寛子さんは、幼馴染の友人(Fさん)の娘さんなので、以前から(ガンや本の)話は聞いていたのだが、中々、本を読むまでに至らなかったのだ。
Fさんは一度お会いしたことがあるが、彼女も素敵な歳のとり方をしている。娘さんもきっとそんなお母さんの生き方を学んできたのだろう。素晴らしい伴侶に巡り合い、たとえ短い期間となろうと、ぎっしりと充実した人生を送っているのだと思う。
「この本があれば生きていけます」のようなコメントをおっしゃっていたような気がしたが、なんといってもパパ似の可愛い子供たちがあなたを取り囲んでいるではないですか!

今は家族揃って、大好きなハワイでガンとの共生生活を送っている。
どうか一日でも長く家族揃って過ごせますように・・・

« 焼肉とコンサート | Main | 元気すぎる友人のこと »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44647/2242753

Listed below are links to weblogs that reference 『天国で逢おう』でさわやかな感動:

« 焼肉とコンサート | Main | 元気すぎる友人のこと »