• 0501
  • 0491
  • 0121_2
  • 0111
  • 0101
  • 0091_2
  • Kijituzenn
  • Dsc03148ss
  • Img_2314ss
  • Ass_2

« エコノミークラス症候群 | Main | 高尾の紅葉 »

November 02, 2004

本郷菊坂の樋口一葉

新札発行に伴い、最近あちこちで「一葉」の名前が目につくようになった。

その一葉が18歳の頃住んでいた本郷菊坂は、私には馴染みの深い場所。
生まれも育ちも・・そして中抜けではあるが、現在もその場所に住んでいる。
住んでいるマンション名も「○○本郷菊坂」だ。
この街のたたずまいが、生まれ育った場所だからというだけではない、雰囲気や情緒がほっこりとして、大好きだった。
街並みは大分変わってしまっているが、そこには昔からの暮しが、今も息づいている。
お豆腐屋さん・米やさん・酒屋さん・・・みんな知った顔の人が通りを行き来している。
子供時代に通ったそろばん塾の奥さんが、何十年も経った私の顔を覚えてくれていた!
都心のそこだけ、まるで時が止まっているかのような空間。

そんなお気に入りの街が、昔、一葉が住んでいて、ご近所に一葉がよく通ったという質屋がある事は、当時の大人達から聞かされて知っていた。
現在も、質屋と旧居あとに残る今でも使用中の井戸を、毎日のように、観光(?)客が訪れる。
余りに、ひっそりとした場所のため、気づかなくて、地図とカメラを持った人に出会うと、必ず道を尋ねられる。
そんな時は、喜んで道案内をしてしまう・・・だって、自分自身が大好きな場所に、わざわざ、捜し求めて訪れてくださるのだから、大切に応対しなければ・・・

このあたりは様々な文化人たちが、一時期住んでいて、あちらこちらに、「○○旧居跡」などのプレートが目につく。
菊坂通りにあったという「菊富士ホテル」もそこから富士山が眺められたからのネーミングらしいが、今はとてもとても・・・
坂口安吾、谷崎潤一郎、直木三十五、etc・・書ききれない人たちが宿泊名簿にあるらしいが、そこを通り越して、下に下りる道を行くと、一葉の井戸にたどり着く。又石段を上がり、上の道に出ると、伊勢やという質屋が昔のままの風情でひっそりとある。
菊坂通りを下って、左へ・・・「にごりえ」にも出てくる「こんにゃくえんま」源覚寺がある。

23日は「一葉忌」が東大前の法真寺で行われる。
「幸田弘子さん」が大好きな友人と、その日は彼女の朗読を聞くために、そこを訪れるプランが今ある。
東大の銀杏並木の下が運よく、黄色い絨毯に変わっていたら、その上をそぞろ歩き、疲れたら、側にある、おいしい蕎麦やさんで一休みもいいなぁ~
そこは、杉浦日向子さん推薦のお店で、ご主人の温かさと、蕎麦のキリリ感がたまらなくいい!
身近に、こんな素晴らしい、命の洗濯が出来るトコロがあるなんて!

« エコノミークラス症候群 | Main | 高尾の紅葉 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

杉浦ヒナコさん推薦のお蕎麦屋さんとは、もしや『赤門そば』ですか? むかし勤めていた職場が赤門のすぐ前にあり、よく通っていました。
それから最近知りましたが、もっと本郷3丁目駅寄りにあるオシャレなお蕎麦屋さんもできましたね(店名は失念)。ランチを食べましたが、そこもけっこう美味しかったです。
夜の蕎麦屋なら、蕎麦湯のそば焼酎割りなんかを飲んだりして。サックサクのてんぷらなどをオーダーしちゃったり。

考えてみたら私は、15年以上前から本郷、春日、大塚辺りに、断続的ではありますが通い続けておりました。いい所ですよね、本当に。
一葉はじめ数多くの文化人が愛した歴史ある町であることはもちろん、5代将軍綱吉まで遡れるような土地ですよね。いや、もっとあった。弥生町は弥生土器が発掘された場所でした。って、どこまで遡る気だ!? でも、歴史のある町って現在でも面白いですよね。

わごむ様。お久しぶりです。
ヒナコさんご推薦の店は「萬盛庵」といいます。
正門前よりの少し奥に入ったあたりにひっそりとあります。
でも、カメラと資料片手に、道を尋ねながら入ってくるお客さんも多いから、有名なのかも・・・
蕎麦湯割りなんて!わごむさんもいける口ですね♪
ここは、冷酒というか常温の酒をよく冷やしたチロリに入れて出してくれるのですが、それが、年代もののように見えて風情があってよろしいです。
いらっしゃる時は詳細をお知らせしますから、ご連絡を!

本郷界隈・・・自分の故郷ゆえ、つい気を入れすぎているかもしれませんが、心が落ち着く街だと思っているんです。
こちらを訪れる機会ができましたら、ぜひご連絡を!
ツアコン引き受けます(笑)

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44647/1842307

Listed below are links to weblogs that reference 本郷菊坂の樋口一葉:

» 一葉を読む [Patra Ichida @ Blog]
樋口一葉はお金、五千円札で一躍、脚光を浴び始めているけど文京区本郷のお寺、法真寺では、毎年「一葉忌」が開かれるたびに母が友人と女優幸田弘子さんの朗読する「たけく... [Read More]

« エコノミークラス症候群 | Main | 高尾の紅葉 »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪