• Photo
  • 221111
  • 2211111
  • 22111
  • 22111111
  • 2211
  • 89898989
  • 898989
  • 005
  • 23232323

« 歌舞伎鑑賞 | Main | 癒しの旅に出た友人 »

October 16, 2004

1年中クリスマスのお店

中世のドイツの街並みを、高輪の一角に再現したという「プリンツヒェン ガルテン」
ドイツ語で”かわいい王子様の庭”という意味のそこはまるでドイツそのもの!
品川駅から歩いて数分でこんな場所があるなんて!

周囲はお屋敷ばかりの夜の闇に、大きな木にイルミネーションが・・・その一角だけが別世界のように明るく輝きを放っている。
アンティークの窓ガラスが、やさしくゆらめいているように光を通して室内の様子が垣間見える、レストランの前を通り、狭い石段を登ると、ライン河畔の石畳の石を敷き詰めた中庭にベンチ、街路灯も・・・まるごとドイツだった。

ショップの建物に足を踏み入れると、目に飛び込んできたものはクリスマスのオーナメントやら、アンティークの品々、キャンドルの甘い香りが室内を満たしていて、なんだかとっても温かい雰囲気!
吹き抜けになっている中央にはライトやオーナメントが飾られた大きなツリーがそびえ立っている。
それを取り囲むようにして、建物の中全体にクリスマスグッヅが飾られている。
1年中クリスマスのこの場所へ、「クリスマス大好き人間」の私を友人が連れて来てくれた。

小さな陶製の人形を買い、レストランでおいしいワインと魚料理を戴いた。
仕事帰りに寄っただけなのに、クリスマスのような気分になれて、思いがけず、ワクワクした。

今度の休日には、部屋の飾りものをクリスマス用に入れ替えようかな?
いや、まだ早すぎる・・・ハロウイーンだってこれからなのに・・・
クリスマスソングばかりまとめて何十曲も入れたMP3は季節になると、我が家のBGMとして大活躍!

子供の頃、大好きだった外国の童話や歌が、「若草物語」だの「マッチ売りの少女」「ペチカ」など、クリスマスシーズンの物が多かったせいだからか?
母と二人暮しだった私のクリスマスは、朝、目覚めると、枕元にプレゼントが置いてあり、そのきれいな包装紙とリボンを解くところから、ワクワクが始まるのだった。

« 歌舞伎鑑賞 | Main | 癒しの旅に出た友人 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44647/1691766

Listed below are links to weblogs that reference 1年中クリスマスのお店:

« 歌舞伎鑑賞 | Main | 癒しの旅に出た友人 »