• Img_2675_1
  • Img_3021sa
  • Img_3045sa
  • Img_3047sa
  • Ume8
  • Ume7
  • Ume6_3
  • Fuki_2
  • Ume1_2
  • Ume_2

July 16, 2018

透明なオールフリーのビールって?

猛暑日の外出の帰り道。電車から降りて少し身体を冷やそうとコンビニへ。
せっかくなので、冷えた飲み物でも買って帰ろう!帰宅したらすぐシャワーを浴びて冷たいのをグイ~っとしよう!

そう思って、1袋98キロカロリーと書かれた枝豆風味のチップスを買い、ビールコーナーへ行くと・・・見慣れない透明なボトルが缶ビールの間に並んでいる。
ビールではないけれど、オールフリーの一応ビール?
でも、それが何故、透明のボトルに入って、しかも中身も透明で、あのビールの美味しそうな黄金色ではない。少し泡立っていて、まるで炭酸水のよう。
手に取って、ラベルやシールを見ると・・・

Img_2675_1

オフィスで透明オールフリー。

ビヤテイスト。オールフリー。オールタイム。大人の瞬間リフレッシュ炭酸!。
ランチに。会議中に。スポーツのあとに。

カロリーゼロ。糖質ゼロ。ノンアルコール。

これで美味しいビールテイストを味わえるのなら、なんて素晴らしい!!~
元々、サントリーのオールフリー(ノンアルコール)は気に入って、飲んでいたけれど、

・・・・・・

これは、残念ながら、わたしのお口には合わなかった!

視覚効果にかなり影響を受けやすい体質のせいか、透明な色を見ながら飲んでも、ビールのイメージが浮かばず、かといって、ただのシンプルな炭酸水の味でもなく、でもどうイメージを膨らませても、ビールの味は感じられない。

これって・・・何のために作られたのか?

確かに、ラベルにあるように、大っぴらに、ビールをごくごくと飲める環境にない場所で、どうしてもビールが飲みたいという人のために作られたのでしょうか?

それにしても、オフィスや、会議中で、これを飲む必要があるのでしょうか?

仕事が終わり、オフィスを出る。
さぁこれから飲むぞぉ~そんな時にビールを一口飲んだ時の美味しさは格別ではないのかな?

今時の仕事現場の状況がわからないので、昔のニンゲンの私には何とも言えないけれど、仕事や会議の時にまで、ビールのイメージを求める必要があるのでしょか?

この頃流行っている、色のない飲み物。
元々、私の好みではなかったが、ビール風味が微かにあったとしても、脳に焼き付いた透明の飲み物が喉を通過すると、どうしてもビールの味が喉に届かなかった。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ

にほんブログ村

July 08, 2018

高校クラス会

恒例のクラス会が行われたのは先月。
毎年の事ながら、皆に幹事のカメラ係のT君から写真データが送られてきた。

お誘いメールから二次会のカラオケ会場への地図の手配、そして後日の写真添付まで、幹事さん方の素晴らしい連携サポートぶりがあってこその「3年C組」だと思う。

参加の顔ぶれは去年とほとんど変わらず、90歳を超えている先生もしっかりとお話しをして下さった。

先生の変わらないお元気な姿を見ると、私たちもまだ頑張れるかなと元気をいただける。

Img_3021sa

Img_3047sa

Img_3045sa

他のクラスの男子も数人参加していて、又も楽しいクラス会となった。

カラオケの最後の曲は全員で「高校三年生」を合唱。

来年も元気で参加できるように、健康に気をつけないと・・・

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

June 26, 2018

湯島天神の梅一個で作った梅酒

もう7~8年前かもしれない。

湯島天神の境内の外側の道を歩いていた時、地面に一個の梅が転がっていたのを危うく踏みそうになったので、何気なく拾って持ち帰ってきた。
そしてその湯島天神の梅の実で、ふと、一個だけの梅酒を作ってみようかな?と思いつき、小さなジャムの空き瓶に梅と焼酎、そして氷砂糖がなかったので、コーヒーシュガーを適量入れてみた。
そしてそのまま、ずっと冷蔵庫の片すみで、静かに保存状態に・・・

Ume7

どのくらい経ってからだろうか?しばらくして、味見(?)をしてみたら、まだまだという感じだったので、そのまま、又コーヒーシュガーを少し足して又、冷蔵庫の奥深くに戻しておいた。

Ume8

あれから、何年たっただろうか。普通は梅酒は美しい金色になるはずなのに、この一個だけの梅入り梅酒は、透明なまま、変化がなかった。(砂糖が少なかったのかもしれない)

そして、ごく最近、久しぶりにほんの少しの梅で梅酒を仕込んだ時に、あの梅酒を、ふと思い出して冷蔵庫から出してみた。

色は、わずかに色がついている様子だったので、思い切って蓋を開けて、スプーンで掬って、そっと口に含んでみる。

「おいしい!」
やっと、梅酒が完成した!
金色の梅酒の色とは違うけれど、TVのCMで見る「サ~ラりとした梅酒」の色になっていて、味はまちがいなく本物のサラリ感のある、美味しい!梅酒に出来上がっていた。

そこで、皆さまに言いたいデス!
梅がたった一粒でも立派に美味しい味の梅酒が作れます!

道端に落ちている梅を見つけたら、迷わず拾って持ち帰りましょう♪
その気と時間さえあれば、梅酒でもシロップでもジャムでも作る事ができるのではないかな?

小さなジャムの空き瓶がいくつもあったら、どこの公園の梅とか、どこの神社の梅とかラベルに書いておき、一個づつ、冷蔵庫に保存しておいて、数年たったら、自宅での女子会を開くなんて言うときに、テーブルに並べて、皆で飲み比べするなんて、意外と楽しいかもしれませんよ。

まぁ、今回は私ひとりの晩酌というより食前酒で終わってしまうほどの量ですが~

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

v>

June 10, 2018

マンションの梅の実で梅酒を作ってみました。

Ume_2

毎年この季節になると、マンションのエントランスに、こんなものが・・・

久しぶりに、梅酒でもつくってみようかな~
一人分で良いので、ちょっとだけ梅を頂いた(300gくらいかな?)

Ume6_3

小さな瓶でちょうど良いくらいの分量になった。

Ume1_2

ホントに少しだけ・・・(これがイイ!)

あとは、待つのみ!

Fuki_2

ほんとに久しぶりに、梅酒作りなどしたら、なにやら手作りしたい気分がムクムク。

たまたま、ボランティアのお仲間から、フキをたくさん頂いたので、早速クックパッドで一番簡単で、一番美味しそうなレシピで作ってみた。

美味しくできました!
次の手作りは・・・何にしようかな~

<

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

June 01, 2018

十年以上も咲かなかったカシワバアジサイが何故?

我が家はマンションなので、庭が猫の額以上に狭いけれど、私にとっては、どんなにちっぽけな庭であっても大事な場所。 

021_3

毎朝、目覚めたらすぐにリビングのカーテンを開け、目の前の緑の葉っぱたちを見ると、それだけで、すっと癒された気分になる。 

013_3

更にできる事なら、庭に出て、淹れたてのコーヒーを持ち、深呼吸をしながら朝の目覚めのひと時を味わう・・・って、これは、ただの妄想!

015_3

そんな大事な、庭の緑の中に、ある朝、白いものを発見。

ずっと、十数年以上も前から、花が咲かなかったカシワバアジサイがいくつも咲き始めていてび~っくり!! 

肥料だってあげたこともないのに・・・

白い花が、とても涼し気に見えて、しばらく眺めてしまった。

017_2

小鳥の鳴き声も、いつになく朝からにぎやかで、姿は見えないけれど、庭の葉っぱのあちこちからさえずりが聞こえてくる。

009_2

これから、梅雨があり、真夏の暑さがやってくる。
束の間の、癒しのひとときに相応しい、たわわなアジサイ!
来年は又、咲いてくれるのだろうか?

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

>

May 13, 2018

母の日

010

次女から恒例のお花が届いた(^^♪
「もう送ってくれなくてもイイよ」と言っておきながら、やはりこうして部屋に飾られると幸せな気持ちになる。

008

リーガスベゴニアという名前。たくさんのお花がついていてとても愛らしい。

001

先日、我が家に滞在していた長女からは、リュックのプレゼント。
このところ、探していた普段使いの軽くて小ぶりのリュックが食事に行く道すがらのお店で目に止まり、「母の日のプレゼントに買ってあげる」ということに~

014

可愛いブルーのお花を追加して付けてもらった。

013_2

二人とも、母を忘れずにいてくれてありがとう💛

007

母の日の夕方、両手で大きな紙の袋を抱えるようにして、片手でスマホをいじりながら足早にすれ違って行った、20代の男の子。
その紙袋にはカーネーションが溢れるように顔を覗かせていた。

その男の子は、こころなしか、気恥ずかしそうな表情で、それを隠すようにスマホをいじっていたように見えた。

💛🌷💛🌸💛✾💛🌹💛

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

May 06, 2018

GWにDCの娘夫婦が里帰り(Ⅱ)

日曜日は我が家でディナー。
長女が絶品のローストビーフを作ってくれました。
その他、オリジナルポテトサラダや、たけのこご飯、チキンのオーブン焼きなど、どれも手早く、もちろん美味しく作ってくれました。
里帰りでのんびり疲れを癒したいのに、エプロンを付けてキッチンに立ってくれる。有難いことです。

037_2

040_2

048_2

そして、数日前が次女夫婦の結婚10周年日だったことがわかり、こっそりとケーキを用意。

サプライズは大成功!!

047_2

044_2

051_2

こうして、年に二回だけ、ファミリーが集合する。
今の私にはとても大切で、楽しみなイベント。

次回は秋かな?それまで皆元気でね♪ p>にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

 

GWにDCの娘夫婦が里帰り(Ⅰ)

GW後半に合わせるように娘の里帰り。
日本に来たら食べたかったものを食べ、日本の食材を買い込み、美容院に行き、マッサージを受け、親孝行もしてくれて、時差の疲れが取りきれないうちに、又、日常生活に戻っていく二人。
次女夫婦も併せて年に二回のファミリーの集合は、何よりの親孝行かな?

009

お土産!

013

このチョコレートはシカゴのかなりお値段の高いものらしい。

005

到着してすぐに、近くの回転寿司へ。
(お寿司は何度でも食べたいらしい)

017

変わり映えしない朝食でも、アメリカでは食べられない卵かけご飯を、喜んでくれた。

Itigo

次女夫婦宅のディナーの〆はいつものフレンチパウンドハウスのショートケーキ!

Soba2

ランチタイムはエビそば。エビの香りがいっぱいで美味しかった(^^♪

Robata4_4

Robata3_4

Robata7_2

Robata2_2

Robata1_3

3日目ディナーは浜焼きのお店。磯の香りで酒が進む~♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

April 02, 2018

瞬く間に、新年度になっていた。

ついこの前、年越しをして、新年を迎え、松の内も過ぎたなぁと思ったら、あれあれという間に桜の開花宣言!
と思ったらもう葉桜になり始めていた。
月日が束になって過ぎて行くという言葉通りの実感!
写真を撮ったものをUPするのが追いつかないくらい・・・それは、年月が速いというより、自分のスピードが全てに対して遅くなっているのだろうな~
 
180314
 
TOHOのシンボル?シン・ゴジラ。
新しく出来た「トーキョーミッドタウン日比谷」は大混雑!
 
18032
 
こちらは六本木のミッドタウンの桜。
 
18034
 
桜が目の前に見えるテラスで、お食事したいなぁ~

18033

モエエ・シャンドンの巨大ボトル!

180320

ドームの中はこたつ?暖かそう♪

18035

お蕎麦屋さんにも桜が🌸🌸🌸

18038

不忍池も、桜は散り始めています。

180310

上野公園にある上島珈琲の二階の窓から見える桜は日本画の作品のよう・・・

18039

日比谷公園には、桜の下は、ブルーシートをしいて宴会をしている人たちが!

18036_2

一面に「チューリップ」、毎年見事に咲いている。

180312

こちらは上野公園。

180311

上野の山は、新緑が見事~

18031

帰り道、わが母校の中学校の入口付近の桜。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

January 22, 2018

年女のバースディ

毎年、大寒の頃が誕生日で、ホントに寒~いって言いながら、誕生日をむかえている。

今年も、連日の寒さに加え、雪が東京としてはかなり積り、それが寒さのせいでいつまでたっても溶けず、道は凍ったまま。
次女からの、薔薇の花束の箱を届けにきてくれた宅急便やさんに「雪で大変ですね」と云ったら「う~ん、何だかね」と答えが返ってきた。
「うん?」

041

029

031

043

毎年、一本づつ、増えて行く薔薇の本数。
次女が、気遣ってくれて、毎年贈ってくれる。

朝、目覚めてリビングに入ると、狭い部屋いっぱいの薔薇が目に飛び込んでくる。

あ~幸せだな!と思う。

049_2

誕生日の六本木ミッドタウンは、まだ六時ころなのに人が歩いていない。
予約してあったお店に入ると、いつも満員なのにガラガラ。

050_2

Dish_image3_2

Dish_image2_2

053_3

雪の日サービスなのでしょうか?お土産に、鯛の頭や、中落ちの部分などをスモークしたものを沢山いただいた。(注・後日そのまま、暖かいご飯といただいたり、大胆に鍋に入れたら、最高に美味しい出汁のお鍋が出来上がった。)

025_2

024_2

誕生日の前日、友人とランチをしていた時に、つい誕生日の事がわかってしまい、急遽、誕生祝をしてもらう事に・・・

Tamazusi_2

更に、数日前、若い友人に早目の誕生祝をしていただいた。

今年は年女。
ここまで、無事に過ごして来られたことを、感謝!

これからも一日一日を大切に生きていきましょう。もちろん、楽しく、ゆったりとね♬

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ

にほんブログ村

«松の内はこんな風に過ぎて行きました。